色彩は令和は更に複雑に! | ROKA BLOG
新型コロナウイルスに関する情報について

色彩は令和は更に複雑に!

宮崎市でも遂に感染した方が一人出ました。

 

今日はお店だったのですが、お客さんとの会話のほとんどがこの内容。

 

Kという地区にお住まいの方のお話しは「ホントかどうか分からいんだけど、(感染した)その人はこの地区の人だっていうのよ~」

 

と、今度はOにお住まいの方は「どうもその人はこの地区らしくて、もうどうしていいか分からんわ」

 

自宅に帰れば子どもが開口一番、「知っちょる?その人はこの近所だってよー」。

 

不謹慎ながら大笑いしていましました。こんな時の人の心理はこのようなものかと改めて学んだ次第です。

 

こんな時こそ冷静に!本当にそう思いました。

 

さて、また遅れて展示会の話題(笑)。

 

色彩と言えば、アイディアルフラワーの大牟田尚徳さんの“エボルベ”が断突でしょう!

 

平成時代に日本では色彩もこれまでにないくらいに進化しましたが、令和もさらに複雑に進化していく兆しが見えました。

ストライプタイプ

 

昨年あたりから一気に花色の複雑さが増しました!

 

この複雑な色合いは世界一。もうこれを文章で表現するなんて無理です。

ブルータイプ

 

エボルベには少ないブルー系も登場!

エボルベというと個人的にはこの様な明るめのイメージがあります。これもまた複雑!

花の形にも変化の兆しが見えます。

おはよう

 

エボルベには一部品種名のあるものがあります。小ブロッチがこちらを向いて挨拶をしているように見えるとところからのネーミング。小輪で多花、ステムが長くてやや這性の草姿です。

バードフラッピング

 

ちょっと変わった花型にエボルベの色合いが乗って、これまでにないイメージになっています。

 

画像はありませんが、ちょっと変わった株の形状で横に丸く広がって花が沢山立ちあがります。

 

これは令和を代表する花になっていくかもしれません。

 

さあ、まだ見ぬ色彩の世界へ!令和の色に注目して下さい!

 

さて、ここからお知らせ!!(笑)

 

明日、3月14日(土)の朝のMRTラジオ「バリ朝!土曜日」の花だよりのコーナーに電話で出演することになりました。

 

8:45頃からのコーナーでパンジー・ビオラの魅力についてお話出来れば・・・と思っています。

 

よろしければ朝早い時間帯ですが!、お聞きいただけるとありがたいです!(宮崎県内のみの放送)

 

*パソコン・スマホでMRTラジオが聴ける!しかもクリアに!しかもここから!
http://radiko.jp/#MRT
(宮崎県内のみの配信です)