どんどん咲いている! 4 | ROKA BLOG

どんどん咲いている! 4

台風は宮崎市にまっぽす(直撃)!

 

やはり台風、時間的には短掛かったのですが吹き荒れて、場所によっては木や看板が倒れるなどの被害が出ています。被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

 

でも、これまでの台風と比べるとお手柔らかな感じでした。

 

通常は台風一過となるのですが、今日はぐずぐずで雨がざぁーっと降ったかと思うと晴れて降って・・・、この繰り返し。これが一番困ります。

 

アサガオ、花は咲いても雨に叩かれて記録も交配も出来ません。まあ、休みなさいということでしょう(笑)。

 

さて、開花の続きです!

平安の春

 

ピンクの大輪市販品種。株が出来ていないので花径は約8cm、育って来ればもっと大きく咲くと思います。葉は青斑蝉葉。

 

市販品種もどのようなものか知らねばと思って播いてみました。市販品種は当たり前ながら完成度が高い!(笑)

グレーモーニングミスト

 

灰色覆輪、花径は約7cm、葉は縦長の並葉。海外品種です。

 

本当に独特の色合いで、流通したら人気になること間違いなし!(笑)

 

この品種を使うことで日本アサガオの花色の幅がグッと広がるような気がします。

松島斑時雨絞り小輪st

 

残念ながら松島斑抜けの個体、葉は細長めの並葉です。

 

斑は抜けても花の絞りは貴重!使っていきたいと思います。

黄鶏足切れ葉白獅子糸咲き牡丹st

 

変化アサガオですが、親木は黄弱抱丸葉白小輪。花径は約3cm。

 

出物はどのようなものなのでしょうか、名前を見るととても興味深いです。

(白しだれ×暁の露)濃青F2

 

濃紫個体からの種なんですが、F2では親の白も分離するという・・・。まあ、これが分離の法則ですね!

 

白、花径は約6cm。葉は青並葉、列が弱かったり、欠けたりしています。

キキョウホワイト×黄立田爪龍葉白管獅子咲きst

 

白、花径は約6.5cm。葉は青弱抱並葉。

 

キキョウホワイトの雰囲気が好きで、この雰囲気のバリエーションが出来ないかといろいろ交配しています。が、なかなかです。

(キキョウローズ×サンスマイルローズ)×(恋しぐれブルー×キキョウローズ)

 

青紫曜白、花径は約8cm。葉は青並葉。

 

交配も複雑になってきました(笑)。曜白は父方の祖母から、葉は渦が取れたキキョウ葉みたいな感じです。

 

曜白は伝わりやすく、交配結果も似たような感じが多いですが、葉型がそれぞれ違います。

 

使った親によってF2以降は、様々な形質が分離すると思います。ここから、キキョウ咲きや木立が分離してくれるといいんですが。

ブラックキング×キキョウパープル

 

青地に青紫の車絞り、花径は約8cm。葉は青並葉、大きめです。

 

これまでを見ると桔梗咲きを使うと車絞りが出やすいような気がします。

(恋しぐれチョコレート×暁の露)×松風

 

青の絞り、花径は約7cm。花によって絞り模様は様々です。葉は青弱斑蝉葉(やや小型)。

 

絞りは割と伝わりやすい形質のようです。

松風×(恋しぐれチョコレート×暁の露)

 

青紫車絞り微かにストライプ。花径は約8cm。葉は青弱斑蝉葉。

 

上記の逆交配です。可能な限り、逆交配も行うようにしています。

 

パンジー・ビオラでは、逆交配をしても結果はほぼ同じです。しかし、アサガオの場合は絞りの再現はありましたが、全く違う結果に!

 

当たり前のことですが、パンジー・ビオラとアサガオは違う植物です(笑)。

 

とにかく、「親の選出と組みあわせ」、「F2以降」というのがアサガオの育種では重要のような気がしてきました。