コウロギノブコさんから | ROKA BLOG
2019-02-08 22:55:15

コウロギノブコさんから

テーマ:第11回作品展

作品展も残り2日となりました。

 

この時期になるといつも同じような気持ちになります。早く終わってほしいという気持ちと、もっと長く展示してよりたくさんの方々に見てほしいとの気持ちのせめぎ合いです(笑)。

 

大事な親株をお借りしているのですから、痛めてはいけない。今回は暖かい上に雨、一部では花がらにカビが生じたりしてそれを取り除くのに細心の注意を払っています。本当に気が気ではありません。

 

「画像では見たことがあるけれど実物は初めて。やっぱり実物から受ける印象は違うわ」とおっしゃる方もいらっしゃいました。これだけの種類の実物を見る機会はそうそうありません。ですので、是非とも多くの実物を見て頂きたいのです!

 

皆さんの作品もそうですが、コウロギさんの作品は画像では伝わらない造形がとても多いのです。

‘碧いうさぎ’

 

長年の人気品種です!人の好みが変わる中で、人気を保ち続けるのはとても大変なことです。

‘赤いうさぎ’

 

同じ花型のバリエーションです。紫のうさぎも誕生しています。

‘ステンドグラス’

 

ブラウンからパープルまでの色幅がある人気品種。同じ「ラビット型」でもコウロギさんのラビットはシャープな感じです。

‘グリーニッシュフリル’

 

コウロギさんの「緑色」の追求です。

‘ドレープ’

 

カーテン生地を思わせるような質感のフリル。

“ノブコズフリル”にはたくさんの色があります。

 ノブコズフリルベイン’

 

コウロギさんの作る「ベイン」はやはり一ひねりがあります(笑)。「ベイン」はこれから来ますよ!!

‘ちりめん’

 

葉に注目!葉の変形を伴うディープな系統。これが、「造形のコウロギ」と呼ばれる所以です。マニアにはたまりませんよ!(笑)

 

そして、造形のコウロギさんと言えばやっぱり「反転咲き」です!

‘モンロースカート’

 

世界で初めてコウロギさんが確立した花型です。上弁、側弁が後方に「反転」していますのがお分かりでしょうか?

 

そして、年を経るごとにバリエーションが広がっています。

ピコティでフリルが加わった系統。一段と華やかになりました。

 

この花を見た方が、「これ、(まるで)カトレアよ!」と。そう言われるとそう見えてきます。

パンジーサイズに近づいた系統。大きいので迫力が増しました。

 

これは実物を見ると本当に感動しますよ!

変化を求めている中で、ちょっと変わった反転も出てきました。

 

一口の反転と言いますが、その形や雰囲気も様々。いろんな可能性を秘めています。

 

特にこの反転咲きは画像ではそのすごさが伝わりません。是非とも実物を見て頂きたいです!

 

作品展は10日(日)までです。たくさんの方々のご来場をお待ちしています!

ROKAさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス