サトウ園芸さん&落合けいこさんから | ROKA BLOG
2019-02-07 00:15:46

サトウ園芸さん&落合けいこさんから

テーマ:第11回作品展

暖かい日が続いております。まさに春の陽気。

 

この時期は「キャンプが始まると寒くなる」と言われるほど宮崎の寒の底なのですが、全く今年は違います。本当に異常気象ですね。

 

これから本格的な採種時期なのですが、いよいよ心配になってきました。

 

作品展も折り返し。暖かいので花もだんだん咲いてきていますよ!

 

さて最近、大人気の作品を作られているのが、サトウ園芸さんの佐藤勲さんです。

“ヌーベルバーグ”

 

江原伸さんの系統からの選抜で、また違った世界が広がっています。

 

ヌーベルバーグの凄い所は狙いじゃ出せない色が出ること。

 

上の画像みたいなアプリコットにブルーイング、ストライプも微かに入って・・・、こんな色は作れって言われても出来ません(笑)。

‘エッグタルト’

 

そして、意外とありそうでないのがイエローにホワイトピコティ。明るい色合いで人気です!

 

で、急激に人気急上昇、また入手も難しいのが‘ドラキュラ’です。

‘ドラキュラ’

 

初めて見た方は八重咲きって言われますが、これは5枚の花弁で構成されています。

 

パンジーは人が作りだした「人工物」で、この“フリンジ(フリル)”こそがその究極です!

 

そして、よく見ると“フリンジ”だけではなく、もう一つの極みの“ブロッチ覆輪”も加わっています。そんなすごい花ですよ!

 

そして、女性好みの色合いも誕生しています。

‘ローブ・ドゥ・アントワネット’

 

これが大人気なんです!!展示の苗が入ってきた時には、売ってくれとレジに持ってこられる方が沢山いました(笑)。

 

これからますます究極に近づいていくと思いますので、とても楽しみです!と、なると更に入手も難しくなるかもしれませんね。

と、言う訳で金屏風の前に並んでいただきました!これまた、大好評です!!

 

そして、こちらも貴重種。落合けいこさんの作品です。

落合系ダブル

 

パンジーの種子系のダブルは日本で初めて作り出されたもの。落合さんはそれをいくつも作りだされました。

 

市販品種にもダブルがあり、そのラベルにはさも外国でダブルの育種がされていたように書かれていますが、それは間違いでそのような歴史はありません。

‘ドレスデン’

 

その八重の最良個体をメリクロンで維持しているもの。初めて見る方はパンジーとは分からずにペチュニアなどと見間違えてしまいます。

‘ピンクレース’

 

落合さん独特の色合いとフリル。この花の前にこのような花はありませんでした。

 

そして、これらはお元気な時に採種された最後の種子から育苗されたもの。ですから、極めて貴重な個体です。

 

一年草は、種を採らねば絶えてしまいます。

 

その貴重な遺伝子を繋ぐプロジェクトが進んでいます。

 

他では見ることが出来ない作品もいっぱいです。皆さんのご来場をお待ちしています!

 

作品展は2月10日(日)までです。

ROKAさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス