夏の花たち ケイトウ | ROKA BLOG
2018-08-06 22:40:12

夏の花たち ケイトウ

テーマ:その他の花々

アサガオもひと段落。花も落ち着きました。

 

連日のアップ、汗だくで頑張りましたが、これからはゆっくり目のアップとなりますので、ご了承ください(笑)。

今日の圃場の様子。

 

藪のようになっているのを宮崎方言で「立ち被る」と言いますが、圃場は正にそんな状態で、見るだけで暑いですね(笑)。

 

でも、こんな暑さでもケイトウは元気!夏に育つ植物が限られてくる中で、ケイトウも見直しが始まっています。

 

パンジー・ビオラの圃場、夏場に何もないと荒れてると思って、ケイトウを植えたところこれが好成績。

 

育種までは考えていなかったのですが、いろいろ植えたところ交雑して変わったものが出てきました。となると、俄然面白くなる、もので選抜らしきことを始めてしまいました(笑)。

カルミナレッド

 

夏から秋に掛けて苗で流通するノゲイトウです。

 

苗はきっちりかっちりとわい化剤処理されていて種が殆ど取れません。が、わずかに採れることがあり、それを播くと苗とは全く違った草姿になります。栽培技術の凄さにビックリです!

サマーラベンダー

 

ピンクのノゲイトウです。圃場では雑草化するくらいに丈夫です(笑)。

ドラキュラ

 

トサカの矮性種。もう気持ち丈があったなら・・・。

ブラウンビューティ

 

トサカ・久留米タイプ。トサカ部分のボリュームがかなりあって見事です!切り花にも利用されます。

ホットトピック

 

ガーデン用のトサカ、スプレータイプ、矮性。個人的にはとてもいい品種だと思います!

 

と、ここまでは市販品種。以下は変異タイプを選抜中ものです。

イエローペンシル(仮名)

 

松永先生育成の羽毛イエローからの変異。槍咲きが出ましたのでそれを選抜中です。葉色もイエローグリーンでカラーリーフとしても使えるのでは?

赤軸黄槍(仮名)

 

これも松永先生の赤軸でクリームの羽毛咲きの変異。形態が違うのでおそらくノゲイトウとの交雑だと思われます。

 

種播くとまだばらけますが、固定できれば面白いんじゃないでしょうか?

 

さて、興味深いのがこの系統。

とにかくばらけ方が凄い!(笑)

昨年、ローズのトサカでこのように首がうねるものが出ました。(この画像は子供の株、一株だけ親に似たものが出ました)

 

「造形が面白いなあ」と種採って播いたらばらけることばらけること。

トサカタイプ

半トサカタイプ(トサカとノゲイトウの中間型)

槍(ノゲイトウ)タイプ

 

最後の個体は銅葉タイプ。パープルペンシル(仮名)として選抜の予定です。

 

ね、花型は久留米から槍、花色はパープルからイエロー、こんなにもって感じ。分離の法則でこうなっているのでしょうか?(笑)

 

元親を推測すると黄色のトサカ(久留米)とパープルのノゲイトウの交雑かもしれません。

 

雑駁と言うと良くないイメージですが、むしろそこからヒントが生まれるような気がします。

ROKAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス