量子力学 32 | ユーカリのブログ

ユーカリのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

公式

はこの前やったのと同じである。

係数があるかないかの違いだけで、まったく同じように導ける。

この両辺をaで微分すると

が出てくる。

素晴らしい!

頭の悪い俺には思いつかない手だ。

なんとか部分積分でやれないか悩んでいたが、付録に載っていた。

下の公式は、標準偏差を求めるときに使われる。

 

やってること、めちゃくちゃだな。

量子力学の中で統計力学を最初からやるなんてさ。

だが、大昔の話だが、俺が一番苦手な科目だったので、やり直しているわけである。

優秀な人は、1年で量子力学や統計力学、電磁気学をマスターすると思うが、ダメな人は一生マスター出来ない。

だから、10年かけてマスターしても恥ずかしくないのである。

 

 

 

 

 

    (つづく)

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス