2012-06-01 23:33:49

フジファブリック『徒然流線TOUR2012』@新宿LOFT

テーマ:フジファブリック
photo:01




フジのツアー初日に行ってきました!
昨年のアルバムのツアーから半年
思っていたより早くツアーをやってくれて嬉しい限りです!!

初日LOFTは行けないハズだったんですが、偶然が重なり参加することができました!これには色々感謝です。

ネタバレあるので見たくない人はやめといた方が良いかも。
LOFTに来るのはいつぶりかな…原点回帰以来ってことはないけれど、かなり久しぶり。

整理番号がまぁまぁだったので、それなりの場所を取ることができた。

最近、Vネック推しの総くん。夏仕様!?の帽子の加藤さん。裾部分と上の生地が違うリボンのついたかわいいシャツを着たダイちゃん。
ドラムはBOBOさん。

お客様の期待がハンパない!
最初の2曲の盛り上がりがすごくて…危ない場所じゃなかったのに、押し寄せてくる…汗

スワンは泣きそうになる曲…スワンの余韻に浸る間もなく、NAGISAにて…イントロ聞いた途端に涙が溢れてきた…止めようと思っても止まらない…お願いですから泣かないで…の歌詞を聞いてまた泣く…

意外すぎた・・・・

総くん、歌がまたうまくなった気がする・・・自信がついたんでしょうか。。。

オザケンカバーの「ぼくらが旅に出る理由」

ブログにあげてないんですが4月に小沢のライブに行ってきました。

みなさん、めっちゃ評価してましたけど、個人的にはそこまでではなかった・・・

私は小沢が音源を発表していない間もいろんな音楽を聴いたし、ライブにも行ってた。

なので、あれが最高とはどうしても思えなかった。世の中にはいっぱい良い音楽がある。

フジは、志村がいなくなって、ものすごい喪失感とか言葉では表現できないようなことを体験して、

フジを存続させるのか、とか音楽続けるのか?とか色んな事を考えたと思う。でも、続ける選択をしてくれた。続けるってすごいパワーのいることだと思う。

小沢は、曲を出すことは容易だったけれど、あえてしなかった。。。みたいなことを言ってたけど、後から言うことはいくらでもできる。

フジだけじゃないけれど、私は続けてくれている人たちを尊敬する。

あ・・・話がそれちゃったんですけど、小沢のカバー・・・

本家より良かったよ。と思ったのです。今の私には本家よりもフジが歌う方がしっくりくるのです。


あ、フジの面々も小沢に会ったそうですが「パレードね!」って言われたそう。

一方的にしゃべられて、全然こっちはしゃべれなかったって言ってました(笑)


始まる前に雨が降っていたこともあり・・・雨あがって欲しいね・・・とMC

そこからの予定調和(笑)の「虹」

続く「会いに」は本当に名曲だと思う。


ライブハウスツアーで、みんなと距離が近いけれど、、、ダイちゃんだけキーボードがあるから距離がある・・・なんか距離がある・・・前に出たいんだ!ということで・・・・

ショルキーを使いたい・・・でもショルキーがない!!

と思ったら後ろに!後ろからリレーでダイちゃんにショルキーが届けられる。

しかーし!ストラップが届かないというハプニング「返して!」って(笑)

「流線形」めっちゃ良い曲!


まさかの「Surfer King」も聴けて最後は「STAR」で終わり。

楽しすぎる。。。。


アンコールではお約束の物販紹介。

ダイちゃんが総くんのマイクスタンドを使っているため、ずっと背伸びをしていてかわいかった。

ダイちゃん、背の高さの変動が激しいらしく大学時代は170あったのに、163くらいに縮んで、また伸びて・・・っていうようなこと言ってた。

人より軟骨が薄い?とか?ツアー中にまた伸びるかも!?って言ってた。


最後の「銀河」も泣きそうになったよ・・・・

本当に盛り上がった・・・・・

お約束のかトークも健在でした。「オムライスとかけてリスととく、、その心は。。。。どちらもくるみが必要でしょう!」加藤さんすげー。ベーシストなのに謎かけもできる(笑)

今回のツアーは長いので、あと数回行きます!次は浜松~♪


1.TAIFU
2.夜明けのBEAT
3.スワン
4.NAGISAにて
5.Splash
6.徒然モノクローム
7.理想型
8.パレード
9.ぼくらが旅に出る理由
10.Mirror
11.虹
12.会いに
13.流線形
14.アンダルシア
15.Surfer King
16.STAR

EN1.TEENAGER
EN2.銀河

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011-12-18 23:50:22

フジファブリック『ホシデサルトパレード』@仙台Darwin

テーマ:フジファブリック


photo:01



フジファブリック『ホシデサルトパレード』@仙台Darwin

ツアーファイナル行ってきました。
ファイナルというだけでお祭り感がありますよねぇ。
SOLD OUT公演ということもあって、始まる前からすごい人がみっしり!っていう感じでした。

スターなSE『ラジオスターの悲劇』が終わったら位かな!?からスタート

総くんのお医者さんみたいな衣装が今日は普通のシャツみたいでした。

Zeppで張り切りすぎたのか、ちょっとタイトなスケジュールのせいか声がイマイチ出てなかったのがちょっと心配な感じでしたが、みんなすごく楽しそうだったのが良かったです。

『B.O.I.P.』はダイちゃんが弾いたフレーズを総くんがギターで真似するのが、仙台では総くんが弾いたのをダイちゃんが真似するっていうのに進化してました。ツアー1番良かったみたいなこと言ってたかな!?

『地平線を越えて』もアレンジが少し違った気がする。
『アイランド』は高音が明らかにだしづらそうたつた…『パレード』では、歌詞飛ばして自ら笑っちゃってた(笑)

声は出しづらそうだったけど、ファイナルを楽しんでいましたね。
トシちゃんの『よろしくお願いしまーす!』がまた聞けました。なんかいい雰囲気でしたよ~

お馴染みかトークのお題は牛タン。
牛タンとかけまして、スポットライトととく。その心は…下(舌)が丸いです。微妙なウケでしたが(笑)、かとうさん自身のジャッジはセーフ!だそうです。
フラメンコ顏?のダイちゃんのフラメンコもツアー1番の盛り上がり、完成度だったようです。
エビとカニとイカが文通していました。でもイカがいつも同じような文章を書くので、エビとカニは困っていました。なぁーんでか?以下(イカ)同文だったから…オレ!
かなり盛り上がってました~!

アンコールのかとうさんのグッズ紹介が凄かったよ。B系なりきりが面白かったてす。友達のと友達はマブダチ?!とか言ってたかな?
あと、総くん…どこかでデザインがちゃんと言えなくて、デジャインって言っててかわいかったですー

そうそう、ファイナルのアンコールは特別仕様で1曲プラス!
な、なんと『ぼくらが旅に出る理由』をやりましたよー
すごい良かったです~
ファイナル行けてよかった☆☆

1.Intro
2.STAR
3.理想型
4.夜明けのBEAT
5.スワン
6.B.O.I.P.
7.Splash!!
8.地平線を越えて
9.パンチドランカー
10.アイランド
11.MUSIC
12.Drop
13.君は炎天下
14.パレード
15.TEENAGER
16.アンダルシア
17.会いに
18.虹
19.ECHO

en
ぼくらが旅に出る理由
星降る夜になったら
TAIFU
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-12-13 23:55:46

氣志團Presents 極東ロックンロール・ハイスクール~三人の若者と六人のおじさんのすべて~

テーマ:フジファブリック
photo:01



氣志團Presents 極東ロックンロール・ハイスクール~三人の若者と六人のおじさんのすべて~@SHIBUYA-AX

氣志團の対バンツアーは2回目。
ちょっとした寸劇から始まります!
キッシーズだったしぃちゃんが、フジにいってしまっているという設定。
寸劇は意外と長いんですが、なかなか面白いんです。しぃちゃんは元 紫混じりのオレンジ組だったそうで、それの意味を説明してくれたり面白かったです。ランマ人形やダイちゃん人形まで登場。凝ってます!

いよいよフジのライブスタート!
ブレザー姿で登場のメンバー。
しかも総くんはメガネもかけてる!!
ダイちゃんは蝶ネクタイですよー。
加藤さんとか、学校に1人、2人はいそうな感じ(笑)

セトリは、ツアー『ホシデサルトパレード』からの抜粋って感じ。
名古屋から3本ライブやっていますが、その3本でものすごく成長している気がしました。(上目線ですみません…)
何より総くんの歌が安定してきた気がします。

MCでは、氣志團との繋がりのことを話してくれたんですが、翔やんとトミーと志村がバイト仲間だったと言った後にランマさんもかな!?と半信半疑な感じで言った総くんに対してみんなスルーしてた(汗)
あまりおしゃべりじゃない志村が、翔やんと仲良くしゃべっているのを見て意外だなぁって思ったのが最初の印象だって言ってました。

去年のフジフジ富士Qでの氣志團のパフォーマンスが素晴らしくて、ちょっとでも恩返しをしたくてカバーをやることになったそうです。
カバーをやることは、氣志團には内緒だったそうです。ひ弱な僕たちは人数も少ないし言えないんです(笑)と。
何をやるか迷って、色んなキッシーズにも相談した結果『一番星』をと。
アレンジは全然違ったけどすごく良かった。星繋がりっていうのも良かったですよね♪

『TEENAGER』は今イチ歌えていない感が否めませんが盛り上がりました!『アンダルシア』も良かった!
東京のツアーはまだなので、最後の『TAIFU』は湧いてましたねぇ。
楽しそうで何よりでした。

セットチェンジ中に、また寸劇あり(笑)
氣志團先輩のアクトは相当良かったですよー!志村との思い出話しをしてくれたんですが、バイト入った当初はお酒があんまり飲めなかったのに、飲ませているうちに、バイト終わるとビールを2,3本持って帰るまでになったとか!?志村が翔やんのことを語らずに去ったので、話してもなかなか信じてもらえないって(笑)フジファブリックがカタカナなのも翔やんアイディアとのことです!

氣志團のライブは、踊れるとより楽しいので『恋人』とか良かったなぁ。
ランマのソロも良かった~
お馴染みの『ONE NIGHT CARNIVAL』では、みんなが歌ってくれないと、えらく弱った鳩を2匹…総くん宅の郵便ポストに入れるという脅迫(笑)
最後は綺麗に歌えましたが、そこが長いのなんの(笑)ヒカルとか手を上げっぱなしで可哀想でしたよー
ラストは『マイ・ウェイ』
アレンジもかっこいいし、すごく説得力がある感じで良かった!

アンコールは、本日のライブタイトルにふさわしく『若者のすべて』を歌ってくれました!
総くん、先ほどの鳩のくだりにふれて…やめて欲しいって言ってました。
長かったけれど!ものすごく楽しいライブでした~!

セットリスト
1.Intro
2.STAR
3.スワン
4.夜明けのBEAT
ーMCー
5.Splash!!
6.地平線を越えて
ーMCー
7.ECHO
ーMCー
8.一番星(氣志團カバー)
9.君は炎天下
10.TEENAGER
11.アンダルシア
12.TAIFU
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-11-29 08:59:10

フジファブリック『ホシデサルトパレード』@名古屋ダイヤモンドホール

テーマ:フジファブリック
フジのライブに名古屋まで行ってきました。
志村がいない編成での初のツアー

RIJFでこの編成で観ていますが、ツアーとなるとやっぱり別モノ。
色んな意味で緊張!!
メンバーはもっと緊張だと思いますが(笑)

初めて行く名古屋ダイヤモンドホール

まずはグッズを買いに行ったところ長蛇の列…
階段に並ぶので、先が全く見えないので不安になりながら、お目当てのモノを購入してライブに挑みました。

ダイちゃん側の前方をキープして開演を待つことほぼ1時間。
最後の方に気がついたんですが、SEが『星』にまつわる曲だった!!
もっとちゃんと聞いておくんだった!!
気が利いてますねー

何だか変な白衣のようなシャツのようなコートのようなものをお飯になった総くんがセンターに。
ドラムはトシちゃん(from東京事変)。

アルバムの流れと同じく『Intro』から『STAR』へ。続く『理想型』
『夜明けのBEAT』のイントロが始まると異様な盛り上がり。モッシュも激しくなってました!『B.O.I.P.』ではダイちゃんの鍵盤と総くんのギターで対決したり楽しい!
『地平線…』では総くんのツインギターはなくちょっと淋しかった…
アコースティックコーナーも良かった…『MUSIC』が聞けるとは…(涙)
志村が歌っていた曲は二度と聞けないんじゃないか?と思った時期もあったけど、こうして聞けるのは本当に幸せでした。

新しいアルバムが12曲。だいたいフジのライブは平均20曲が定番。『夜明けのBEAT』と『虹』はRIJFで聞いていたので想像できたんですが、他に何をやるのか全く想像できなかった。結果、アルバム『cosmos』以外全てやり、他は新旧バランス良くやってくれました。
どの曲も志村のイメージはものすごくあるし、総くんがどんな風に歌ってくれるのかドキドキだったんですが、お世辞抜きに最高でした。
皆さんの考えているフジファブリックの世界観と私のイメージにズレがあるかもしれませんが、志村がいないフジファブリックもちゃんとフジファブリックでした!
それはもうビックリするほど。
ダイちゃん、加藤さん、総くんが今までどれだけフジファブリックに重要だったかということを再認識させられました。うまく言えませんが…。

ツアー2本目なので、緊張感も伝わってきたけれど、みんな楽しそうでした。
MCでは、最近ダイちゃんが機嫌が良いらしく、いいことあった?とフラれたところ、ダイちゃん曰く機嫌良く努めているとのこと。
機嫌が良ければ周りも気分が良いはず!ということを言ってました。
確かにその通りですよね!
見習わなければ。
恒例!?のカトークでかとっち登場!
望む日本の未来とかけまして、中日落合監督の家族ととく…その心は…福嗣(福祉)が強いです。
うまい!!本当はお題は中日ドラゴンズだったんですが、素晴らしいですー!パチパチ。
アンコールでは、恒例のグッズ紹介もありました。
総くんのテンションがなんだか微妙でしたが(笑)

ダイちゃん側にいたんですが、ダイちゃんがあまり見えなかったのでわかりませんでしたが、総くんも加藤さんもお客さんの顔をしっかり確認しているような感じがしました。なんかあったかいなーと思いました。
見終わってすぐはただただ楽しかった思いだったんですが、今改めてブログに書こうとすると凄く色んな事が蘇ってきてジワジワきてます。

今回、激戦だったのか東京のチケットが取れなかったので、残念ながら東京は行けませんが、ツアーファイナルの仙台に行く予定なのでまたレポします。
やっぱりフジが大好きでした!

photo:01


セトリ
1.Intro
2.STAR
3.理想型
4.夜明けのBEAT
5.スワン
6.B.O.I.P.
7.Splash!!
8.地平線を越えて
9.パンチドランカー
10.アイランド
11.Drop
12.MUSIC
13.君は炎天下
14.パレード
15.アンダルシア
16.TEENAGER
17.会いに
18.虹
19.ECHO

en
星降る夜になったら
TAIFU
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-07-17 23:58:22

フジフジ富士Q@富士急ハイランドコニファーフォレスト

テーマ:フジファブリック


ダラックマ日記-fuji


フジファブリック PRESENTS 「フジフジ富士Q」@富士急ハイランド コニファーフォレスト


昨年、10月の東京厚生年金で発表された富士急でのライブ。最初の先行は12月で、早いよ!って思いながらもちろんチケットを購入した私。

その後すぐに志村が逝去してしまうとは想像すらしていなかった。

はっきり言って、自分が来年の7月なんて何やってんだろう?って思っていた位なのに。


そんなわけで、一時は中止になるんじゃないか?と思われたライブでしたが、素敵な素敵なイベントとして開催されました。

大渋滞の中央高速。新宿を7時過ぎに出た私たちなのに、途中休憩したにはしたけど着いたら11時過ぎ。ってか12時近い。先行販売のグッズは3時間待ち・・・ってことで諦め。

フジフジフジ展DXとかも見たかったけど、グッズ購入したいのもあって入場列に並ぶことに。

入場列に並んでいたら、安部コウセイのリハとかが聞こえてきた。うぉーーネタバレじゃーーー(汗)


12月からチケットを購入した甲斐があったのか、たまたま運が良かったのか

すごいすごい席でした。今回の豪華なゲストボーカルがこんな席で観れるのか!?って感じですが、志村がそこに立ったんだな・・・ってこと想像したら鳥肌立つくらい良い席でした。


長くなりますよ・・・

・奥田民生

トップバッターとして登場した民生

このイベントのきっかけとなった人

きっと、志村が亡くならなくてもここに出てくれただろう人

歌ってくれたのは、「ひとり股旅」でも披露したことがある「桜の季節」

これが聞けるなんてーーーー感激。涙、涙・・・・・

1曲で「奥田民生でしたー」って帰ってしまった。ダイちゃんが「民生さんはまた後で出るから」と予告。


・安部コウセイ from HINTO

総くんの前の下の段のステージを回りこんで登場した安部くん

スパルタが解散する時に志村が怒ったというエピソードを思い出しながら、安部くんの「虹」と「モノノケハカランダ」を聞きました。ものすごく楽しそうにやっているのが印象的でした。


・ハナレグミ

どんな曲やるのかな~って思ったら、「ダンス2000」!!カッコいいーーー。

ハナレグミってなると、やっぱメロウな曲とか想像しちゃうんだけど、さすが永積くん。

めっちゃファンキーだった!!

「ルーティーン」はさすがハナレグミってアレンジでうっとりでしたよ。


・クボケンジ from メレンゲ

今日、ものすごい楽しみにしていたクボくん。

かわいいTシャツに帽子をかぶって照れくさそうにしているのはいつも通り。

何を歌うか1番楽しみだった。そしたら「バウムクーヘン」に「金木犀」

志村と本当の仲良しだったクボくんが歌う2曲は、いろんなことを思い涙が止まりませんでした。


・斉藤和義

大遅刻だったせっちゃん。民生が歌ってる時に会場入りしたとのこと。みんなビックリ!!

総くんがダブルネックギターを用意した時に「地平線かな?」とわかったわけですが、せっちゃん自身のイメージも志村のイメージも壊さないような歌いっぷりでした。

「志村くんの歌めんどくさい(笑)」と言ったせっちゃん、一同爆笑

「何で誰も止めなかったの?」と。「止めても止まらないんです」と総くん。言っても無視される的な(笑)

なんか想像できる。

もう1曲が「笑ってサヨナラ」だったのは意外だったけれど、すごーーーい良かった。


・ハヤシ from POLYSICS

フジのツアーでも勝手に流行っていた!?「TOIS!」

今日はメンバーもサングラス(しかも本人たちのやつを借りたらしい!総くんはカヨちゃんのらしくレア!と)

思う存分「TOIS!」を連発(笑)

ポリがしばらく活動をしていないのもあり、ハヤシは久しぶりのライブ!

気合の入った「TAIFU」と「B.O.I,P」を聞かせてくれました。「B.O.I.P」の途中では、みんなが「TOIS!」を順番に言ったりして。楽しかった~~。


・藤井フミヤ

ご子息がフジの大ファンだったということで、縁があって曲も提供したことがあるフミヤです。

私個人的には「どんどこ男」を歌って欲しかったのですが、「タイムマシン」と「若者のすべて」でした。

すごく緊張してるのかな?っていう感じが伝わってきました・・・。


・氣志團

フジと一緒にという形ではなく、氣志團のみで登場。

何やるのかと思ったら「ダンス2000」あら!!かぶり曲ありなのね(笑)

しかし、カッコいい。ちょっと「ONE NIGHT CARNIVAL」をいれこんだりして、、、

実は「ダンス2000」は「ONE NIGHT CARNIVAL」に触発されて作ったディスコソングだったそうです。

翔やん曰く、「カッコいいのに、何でスカっとしないんだろう!!正彦の性格だな」みたいなことを言ってました(笑)

2曲目はCDJでも披露された「茜色の夕日」

フジファブリックのソレとは全然違うのですが、カッコよくてカッコよくて涙があふれてきました・・・。

氣志團の心意気がめっちゃ伝わってきました!!

翔やんと志村はバイトで同じ早番を担当していたというエピソードも微笑ましかったな~。翔やん早番ってイメージじゃない(笑)


・和田唱 from TRICERATOPS

ビシっとスーツを決めてやってきた、唱さん。今日もカッコいいっす。

な、なんと・・・・いちごきました!!

唱さんのいちごは、唱さん節炸裂でしたよーーー。でも、さすがは唱さん。ギターとかめっちゃカッコいいんですけどーーー。

富士山が見え始めてきたコニファーフォレスト。私たちの席からは残念ながら木で見えないんですが、唱さんは「あの草切っちゃえばいいのに!」って・・・草じゃないよ・・・木ですよ・・・ビッグな唱さんには草に見えたんですかね(笑)かわいい。

2曲目はCDJで聞いた「陽炎」

「大好きな曲やってもいいですか~?」と言って歌ってくれました。CDJの時のことを思い出しつつ、、、

じっくり聞かせていただきました。私も大好きな1曲。



・真心ブラザーズ

「長いよ」と文句を言いつつステージに入ってきた真心兄さん

昨年の真心のイベントはものすごい楽しくて、その時に桜井さんが大好きと言っていた「TEENAGER」

♪お腹はコーラでいっぱい のところは、志村はかわいくお腹をポンポンって叩くんですが、YO-KING兄さんは出っ腹を表現してましたよ(笑)

そして、先輩風の時に予想が的中した「線香花火」今回はスカパラホーンズを入れて歌ってくれました。ほんとこの曲ピッタリです!!


・スカパラホーンズ

これも想定内ではありましたが「Sufer King」をインストで。

すげーーーースカパラやっぱすごい。。。。カッコよすぎです。

♪ただよ~ってーのところはみんな歌って手のフリとかしてました。

インストでもこれだけカッコいいフジでした。。。


・PUFFY

B.O.I.PのTシャツと、ダイちゃん特製の蝶ネクタイをつけて出てきたお二人。

とっても似合っててかわいかった。

PUFFYに志村が提供した「DOKI DOKI」 これは5周年ツアーでも歌っていて、志村がものすごいかわいかったのを覚えています。

そして、次のアルバムにはセルフカバーとして入ることになっている「Bye Bye」

由美ちゃんに「セルフカバーとか禁止なんだよね~。本物のほうがいいに決ってるじゃん!」と言われていました。

恋愛の曲で、実話なのか問いただしたけど笑ってちゃんと返事しなかったけど、実話だなと判断したそう。

ものすごいいい曲だったので、次のアルバムで志村が歌っていると想像すると感激でした。


・片寄明人 from GREAT3/Chocolat & Akito

1stのプロデューサーの片寄

私がフジファブリックを好きになったきっかけは、片寄がプロデュースをしたと聞いて聞きはじめたのがきっかけだったので、片寄が出るのはものすごい嬉しかった。

クレジットはされていないけれど、レコーディングの時には片寄がハープを吹いたという「花」を当時と同じギターを使って歌ってくれました。

そしてもう1曲は予想していた「サボテンレコード」カッコよかったなぁ・・・ちょっとだけGREAT3を思い出しました。

ほんとGREAT3やってほしいんですけどーーー。とここで書いてもしょうがないね。

あ、フジファブリック好きの人はチェック済みと思いますが、片寄が書いたフジについてのブログは必見ですよ。


・吉井和哉

「マリアとアマゾネス」のイントロで入ってきた吉井さん。

実は初めて見たんですが、めっちゃめちゃカッコいい。スターだ。。。。

民生のライブに志村が乱入?した話とかしたの?と吉井さん。

「それは最初に・・・」とダイちゃん。

次に歌ったのは「志村くんの代わりにはなれないけど・・・大好きな曲を歌います」と「Anthem」

歌いはじめの前に「三日月~!」と…空には三日月が出てました。

そう、この曲は♪三日月さんが・・・・という歌詞から始まるのです。

お空の志村がニクい演出をしてくれたんですかね。

鳥肌が立つほどすばらしい「Anthem」で。涙モノだったのです。。。途中ステージに女の人が上がってしまいスタッフに取り押さえられていましたが、吉井さんもメンバーも動じることなく演奏しきっていました。

ファンの方は興奮してしまったのかもしれませんが、ステージにあがってしまうなんて・・・・ちょっと残念でした。


・くるり

トリはくるり

「同じ音楽をやってるものとして、今日のイベントはすごく羨ましい。」と岸田

「日本一輝いてるバンドです」みたいなことを言ってくれました。

Sunny Morningは、かわいかったなーー。岸田もかわいくて、志村を思い出しました。

そうそう、サニモニでは加藤さんがベースではなくギター弾いてましたよ~~

ラジオで初めて聞いたへんてこりんな曲。でもすぐに好きになったという「銀河」を。

カッコ良かったです・・・・。くるりの「銀河」もすごく良かった。。

岸田を見てたら、志村とかぶった。風貌がってことではなく、、、なんとなく。


アンコールは新しいアルバムから総くんがボーカルの「会いに」を。

「会いに」ってタイトルだけで、なんとなく切なくて・・・総くんのボーカルはとても儚い感じで良かったです。

志村&加藤さんが作詞なんですよね。


あれ?また出てくると言っていた民生は??ってことで最後に登場。

このイベントを始めることができるのも、終われるのも民生しかいないですよね。

「正直最後はイヤなんですが・・・」と言った民生

でも、事務所の顧問ですから仕方ないですよね(笑)

CDJの時に歌ってくれた「茜色の夕日」

CDJの時は、すぐだったこともあって声を詰まらせて歌っていましたが、今日は完璧でした。

プロ魂です。

氣志團の「茜色」も民生の「茜色」もどちらも素晴らしいとしか言いようがなく、涙が次から次へとこぼれてきて、今これを書いているだけでも涙があふれてきます。。。


最後の挨拶も良かったです「スタッフ、出演者、来てくれた皆さんにお礼を言いたいです。ありがとうございます。これからもフジファブリックをよろしくお願いします」と。

もちろんですとも。。。ありがとうと言いたいのはこちらもですよ。


最後にエンディングで「若者のすべて」がかかる中、出演のアーティストと一緒に写ったフジの写真や、志村との2ショット写真が出てきて、それぞれの出演者に拍手。

涙が次々出てきました。。。志村が・・・フジがいかにみんなに愛されているのかと思うと感激でしたし、このイベントに参加できて本当に良かった。


最後に花火が上がりました。

「若者のすべて」の歌詞のように・・・最後の花火に今年も泣くかな・・・・

うん、泣いたよ。泣いた。感動と淋しさと・・・・。

去年のRIJで志村も見ていた同じ花火のことを思い出してね。


本当に最高のイベントでした。

帰りのSAでスカパラホーンズと、唱さんと、足立くんに会いました。

もちろん恥ずかしくて声はかけられませんでしたが、心の中で「ありがとう」と伝えました。


1.桜の季節(奥田民生)
2.虹(安部コウセイ)
3.モノノケハカランダ(安部コウセイ)
4.ダンス2000(ハナレグミ)
5.ルーティーン(ハナレグミ)
6.バウムクーヘン(クボケンジfromメレンゲ)
7.赤黄色の金木犀(クボケンジfromメレンゲ)
8.地平線を越えて(斉藤和義)
9.笑ってサヨナラ(斉藤和義)
10.TAIFU(ハヤシfromPOLYSICS)
11.B.O.I.P(ハヤシfromPOLYSICS)
12.タイムマシン(藤井フミヤ)
13.若者のすべて(藤井フミヤ)
14.ダンス2000(氣志團)
15.茜色の夕日(氣志團)
16.Strawberry Shortcakes(和田唱fromTRICERATOPS)
17.陽炎(和田唱fromTRICERATOPS)
18.TEENAGER(真心ブラザーズ)
19.線香花火(真心ブラザーズ with スカパラホーンズ)
20.Sufer King(スカパラホーンズ)
21.Doki Doki(PUFFY)
22.Bye Bye(PUFFY)
23.花(片寄明人from Great3/chocolat&akito)
24.サボテンレコード(片寄明人from Great3/chocolat&akito)
25.マリアとアマゾネス(吉井和哉)
26.Anthem(吉井和哉)

27.Sunny Morning(くるり)
28.銀河(くるり)
アンコール
29.会いに(フジファブリック)
30.茜色の夕日(奥田民生)




ダラックマ日記-fuji


MUSIC(期間生産限定盤)/フジファブリック
¥2,424
Amazon.co.jp



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。