イースターにエッグハントはいかが | 東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
2019-02-07 09:30:00

イースターにエッグハントはいかが

テーマ:季節の話題

イースターの時期、英国ではあちこちで「エッグハント」のイベントが行われます。

 


Victorian Trade Card

 

 

エッグハントとは屋内や庭園などの指定の場所内に隠された卵(もしくは卵型の物やチョコレート)を探す、一種の宝探しゲームのようなもの。そのまま卵やチョコレートをもらえる場合や、イベント性の高いものは集めた数や集めた卵の種類でいろいろな賞品をもらえたりするようです。

 


卵だけでなく、卵を探すヒントを隠したり、探すときにウサギの扮装をするなど、いろいろな楽しみ方があります。

 



Hunting for Easter Eggs in 1903/Illustrated London News

 

歴史は古く、いつだれが始めたかは定かではありませんが、ヨーロッパにおいては16世紀頃には既に行われていたようです。

 


英国において、特に近年人気なのは、英国人が大好きなチョコレート・メーカー「キャドバリー」と、ナショナル・トラストが開催する「キャドバリー・イースター・エッグ・ハント/Cadbury Easter Egg Hunt」。

 

 

ちなみにキャドバリーは現在ではアメリカの資本となっていますが1824年にイングランドのバーミンガムでコーヒー、紅茶、飲用チョコレート販売店として創業しました。鮮やかな紫色がイメージカラーで、定番中の定番といえる「キャドバリー・デイリーミルク」は1905年から販売されています。

 

英国人にとっては子供のころから親しみ続けているチョコレートの代表格といえるでしょう。

 

 

 

 

 

その「キャドバリー・イースター・エッグ・ハント/Cadbury Easter Egg Hunt」は、英国各地にあるナショナル・トラスト管理下にある庭園や森林などで、イースターの期間中開催されるイベント。入場料と別にエッグ・ハントへの参加料が必要ですが、誰でも気軽に参加できるので、イースターを楽しむにはぴったり。

 

 

例えばワーウィックシャーにあるカントリー・ハウス、コートンコート/Coughton Courtで開催されるエッグハントは4月19日-22日の4日間開催され、参加料は3ポンド。
 


もしちょうどその時期に訪れる機会があれば、ぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

 

 



ナショナルトラスト コートンコート オフィシャルサイト(英語版)
https://www.nationaltrust.org.uk/events/e5121ad3-8988-4e06-b2c8-c68c640b5e7b/pages/details

 

 

 

パンカーダ田園調布でも、イースターにちなみ「イースターフェスティバル」を開催中。
ご来店の皆様に卵の中に仕込んだくじを引いて頂く特別企画をおこなっております。

 

 

 

 

店頭では、卵をかかげたうさぎが、皆様をお出迎え致します。

 

是非ご来店をお待ちしております。

 

by N

 

 

東京の高級アンティーク家具店パンカーダさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]