聖なる実の季節:イチジクのタルトをたのしむ | 東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
2018-08-23 09:47:06

聖なる実の季節:イチジクのタルトをたのしむ

テーマ:久が原・鵜の木・田園調布散策

イチジクは聖書に最初に出てくる植物であること、ご存知でしたか?

 


アダムとイブの物語にある「禁断の果実」と言えばリンゴですが、イチジクは「知恵の木の実」と呼ばれ、アダムとイブがこの葉をつなぎ合わせ初めて身につけた・・・という話はとても有名。ちなみに英名の「fig」は「服装」という意味ももっています。

 



Adam and Eve, 1598-1600 by Peter Paul Rubens

 


そんなイチジクは、夏から秋が旬。

 

 

スーパーマーケットなどにはあまり出回らない果実ですが、最近はフレッシュなイチジクをスィーツにしていただくことが流行っているらしく、果物好きとしては気になっておりました。

 

行ってみたのは久が原の老舗パティスリー、フラマリオン。

 

 

 

 


フレッシュなイチジクが美しく盛られたタルトは、この季節の限定品とのこと。

 

 

いただいてみれば、生イチジク独特の食感と、タルト生地に練り込まれたドライイチジクとの組み合わせに、思わず頬が緩みます。

 

 

 

例えば、果実をテーマとしたテキスタイルを得意としていたアーツ&クラフツの巨匠、モリスの「オータムフラワーズ」が張られたミッドヴィクトリアンのレディスチェアに腰掛けて。

 

 

まだまだ夏の暑さが残るなか、涼し気なテーブルウェアとともにあたたかな紅茶をいただく・・・。

 

 

アンティーク家具と共に、久が原の洗練された味わいを堪能してみるのはいかがでしょうか。

 

http://pancada.net/item/chair/cat48/post_1448.html

 

 

by N

 

フラマリオン
〒146-0085 東京都大田区久が原3-37-7
https://www.flammarion.co.jp/

 

 

 

東京の高級アンティーク家具店パンカーダさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]