薔薇の意味するもの | 東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
2018-07-19 09:12:02

薔薇の意味するもの

テーマ:パンカーダのこだわり

7月も後半。
今日は薔薇に関する名言・格言をご紹介いたします。

 

 


まずは皆様ご存知の「ロミオとジュリエット」より。


「What's in a name?
That which we call a rose by any other name would smell as sweet.」

 

from "Romeo and Juliet" by William Shakespea

 

「名前には何があるっていうの?薔薇を他の名前で呼んだとしても、その甘美な香りには変わりないのだから。」

 

by ウィリアム・シェイクスピア/1564-1616

 

 

 

家名に関わらずお互いに惹かれ合ったすえの、あまりにも甘い言葉。

 

 

 


次はつらい時に響きそうな名言です。


[God gave us memory so that we might haveRoses in December.]

by Sir James Matthew Barrie 1st Baronet, 1860-1937


「神は記憶を与えて下さった。それは人生の辛い冬の時期に、薔薇を思い描けるようにする為だ。」

by ジェームス・マシュー・バリー/1860-1937

 


ピーター・パンの作者として有名なジェームス・マシュー・バリーはスコットランド生まれの劇作家・童話作家。織工の父、石工の娘の母のもとに生まれながら、ジョージ5世から準男爵の地位まで受けた彼にも、薔薇のような美しものを想い描かずにはいられない、苦しい時期があったことを伺わせます。

 

 

 

 


最後は大詩人からの贈り物のような一節。

 

[Which barrel of the rosebud which does and knows for the first time soon a seasonal pass barrel of a rose is.

I’m late and pour the free single-wheel and the multitude of colors with which it can be spangled into an in bloom stem, it cries and remains.]

 

by Johann Wolfgang von Goethe 1749-1832


バラの季節過ぎたる今にして初めて知る、バラのつぼみの何たるかを。

遅れ咲きの茎に輝けるただ一輪、千紫万紅をつぐないて余れり。


by ヨハン・W・V・ゲーテ  1749-1832

 


  

この一節の解釈は幅広く行われており、これ、というものはないように思えます。
ぜひ皆様の心の内で解釈してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

さて、パンカーダでは「初夏のローズ・フェスティバル」を開催中。

 

 

パンカーダ田園調布にご来店の皆様には、パンカーダのアンティーク家具と薔薇の諺をテーマとしたオリジナル・グリーティングカードをもれなく差し上げております。


諺は、前出の3編から。それぞれに合わせた薔薇モチーフのアンティーク家具をデザイン化しております。過去の偉人たちの言葉と共に、古き良き者たちが持つ美をご堪能ください。

 

 


暑い日が続きますが、ご来店を心よりお待ちしております。


by N

 

 

東京の高級アンティーク家具店パンカーダさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]