パルメット(Palmette)とは | 東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
2013-09-08 09:00:00

パルメット(Palmette)とは

テーマ:アンティーク豆知識

パルメット(Palmette)とは、棕櫚(シュロ・ナツメヤシ)を

もとにしたといわれる図案のこと。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ



棕櫚(シュロ・ナツメヤシ)は古代メソポタミアやエジプトでは聖樹とされ、

落葉なく毎年新しい葉をつけ枯れるまで実をつけるため

生命育成、繁栄のシンボルとされました。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ



初期キリスト教美術では教会あるいはキリストの象徴として、

信徒を示す動物と共に表されることが多くあったようです。


パルメットも同じ意味で、建築や陶器の柄として古代ギリシアから

建築や生活用品を飾るモチーフとして用いられてきました。


たとえばこれは紀元前のアッティカ赤絵式のモールディングパターン。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ



ルネサンス以降は、パルメットのもつ宗教性よりも

形の面白さを活かしたデザインが多く生まれました。


1822-30年頃の椅子の布デザインに、

このような美しいパルメットを見ることが出来ます。

東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ



18-19世紀以降のネオクラシシズムにおいては、

アカンサスに並び、建築や家具などに広く用いられました。


タイルのデザイン。

東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


ネコクラシシズムの巨匠、トーマス・シェラトンの椅子。

座面中央にパルメットがみられます。



東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


パンカーダにも、パルメットのパターンをインレイ(象嵌細工)で現した

キャビネット がございます。



東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ

こちらはパンカーダ・ミュージアムコレクションのお品物。

ぜひこちら からご覧ください。

東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


生命力や神聖さを現すというパルメット。


アカンサスとはまた一味違うデザインパターンとして覚えておけば、

更にアンティーク家具を愉しむことが出来そうです。


by N

東京の高級アンティーク家具店パンカーダさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]