Maple(メイプル)材とは | 東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
2012-12-14 10:00:00

Maple(メイプル)材とは

テーマ:木材についての豆知識

メイプル材は、日本では楓や紅葉でもなじみのある木材です。


パンカーダのブログ


材質は重硬で肌目は緻密、木肌は滑らかで美しく、

シルクのような光沢感から、゜木の真珠゜といわれています。


パンカーダのブログ



家具材、床材、楽器材、建築材など
衝撃に強く、ボーリングのレーンやピンの素材に利用されます。

また、バリー・ボンズが愛用のメイプル材のバッドで

年間73本塁打を記録してから、バッド材としても大人気とか。


ホットケーキにかけるメープルシロップもサトウカエデの樹液ですよね。



パンカーダのブログ



メイプル材は、シュガーメイプルやブラックメイプルなどのハードメイプルと、

レッドメイプルとシルバーメイプルなどソフトメイプルに分けられます。


淡い灰白色や灰色を帯びた黄褐色、薄い赤茶色など色味もさまざま。


ヨーロッパ原産のメイプル材は、

古くはゴシックの時代から家具に使用されていました。


19世紀初頭からドイツやオーストリアなどの北ヨーロッパの国では、

ビーダーマイヤー ( Biedermeier )と呼ばれる生活スタイルが大流行。


家具においても、良質の木材を使って、色が薄めの木材と濃いめの木材を組み合わせ、

よりスタイリッシュなデザインの家具が製作されました。


メイプル材は薄い色の代表として使用されることが多かったようです。


メイプルの中でも、最も装飾性が高く、

希少価値がある杢目はバーズアイメイプルといわれる鳥眼杢。


パンカーダのブログ


鳥の目のような小さな渦巻き模様がたくさん散らばっているように見えます。


パンカーダのブログ

高級材として珍重されているバーズアイメイプルを使用したアンティーク家具。


これほど贅沢な調度品はどんな歴史を紡いできているのでしょう。

パンカーダのブログ


ヴィクトリアンローズウッドレディスデスク




by T

東京の高級アンティーク家具店パンカーダさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]