Kneehole desk(ニーホールデスク)とは | 東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
2012-10-31 10:00:00

Kneehole desk(ニーホールデスク)とは

テーマ:アイテム解説

ニーホールデスクとは、両袖机のこと。


パンカーダのブログ


書き物をする天板の中央下部が、

両足を入れられるようになっています。


デスクは中産階級の住宅が大きくなり、

家具が沢山おかれるようになったころに

多種多様なタイプが数多く製造されるようになりました。


パンカーダのブログ


ニーホールデスクもその流れの中で、18世紀半ば頃から登場します。


この頃には使い勝手のよく、

大きさも事務所や家庭で使いやすいものになっていきました。


パンカーダのブログ



両袖は、ドロワー(ひきだし)がついているタイプや

何もついていないものまでいろいろです。


パンカーダにもハイクオリティーなニーホールデスクがございます。


どんなタイプがお好みでしょうか?


カーヴドニーホールデスク


パンカーダのブログ



ウォールナットニーホールデスク


パンカーダのブログ


ジョージアンニーホールデスク



パンカーダのブログ


新たな自分のドラマを共演してくれるパートナー、

この世に一つしかないアンティークで。

by T

東京の高級アンティーク家具店パンカーダさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]