ロカイユ(rocaille)とは | 東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
2012-09-30 10:50:00

ロカイユ(rocaille)とは

テーマ:アンティーク豆知識

ロカイユとは、フランス語で“岩石細工”、“人造石岩造り”という意味。


ロココ風の石や貝の装飾のことです。



また、ルネッサンス、バロック時代に盛んにつくられた宮廷庭園の

岩窟のこともロカイユといいます。


パンカーダのブログ


これら岩窟の多くは、貝殻や小石などで飾られており、

最初はそれらを意味していたとか。


ロココ時代になるとこのロカイユの貝殻装飾が大流行し、

19世紀の古典主義者の趣味に合わないとして、

ロカイユと命名されたという話もあるようです。


パンカーダのブログ


ロカイユが転じて、ロココになったとする説も。


ロココ時代は優美で流麗なロカイユモチーフが多用されました。


パンカーダのブログ


爛熟したフランス宮廷文化の薫るロカイユ。


贅を尽くした王侯貴族たちが創り上げたロココは、

豪奢のなかにも、どこか気品を感じます。


上質な空間に仕上げたいなら、ぜひアンティーク家具を設えてみてください。


所有して、初めて実感するアンティークが持つ力。

ロココの贅を尽くしたエッセンスを体感してみてはいかがでしょうか。

by T

東京の高級アンティーク家具店パンカーダさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]