フランボワイアン(Flamboyant)とは | 東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
2012-07-21 11:00:00

フランボワイアン(Flamboyant)とは

テーマ:アンティーク豆知識

フランボワイアンとは、14世紀後半から15世紀末にかけて、

後期ゴシック様式の聖堂などの窓装飾で使われた火炎上の

モチーフのことです。


パンカーダのブログ


Flamboyantとは、フランス語で火炎式の意味です。


曲線と反曲線の組み合わせにより表現された波状装飾が

燃え上がる炎のように見えたことからこう呼ばれるようになりました。


このフランボワイアンのトレサリー彫刻は、

ゴシックスタイルの家具の特徴の一つでもあります。



伝統と気品を醸すモチーフからは、重厚感や格調の高さ、荘厳さを感じます。


当時、最大にして最高の権力を持っていた教会が神秘性だけでなく、

威厳と品格を強調するモチーフとして好んで用いたことがわかりますね。


パンカーダのブログ


パンカーダにもいくつかフランボワイアンモチーフのアンティーク家具が

ございます。


愛され続けてきただけあって、重厚ながらもどこか親しみやすさを感じる

フランボワイアンアンティーク。



パンカーダのブログ


心安らぐ、モチーフはぜひリラックスできるリビングやベッドルームに

おいていただきたいです。


by T

東京の高級アンティーク家具店パンカーダさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]