アールヌーヴォー①イギリス | 東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
2012-02-27 11:00:00

アールヌーヴォー①イギリス

テーマ:アンティーク家具の様式・スタイル

イギリスとヨーロッパ主要国とのアールヌーヴォーは少し感じが異なります。


パンカーダのブログ


アールヌーヴォーはイギリスの思想家・デザイナーであるウィリアム・モリスの

アーツ&クラフツ運動が起源と言われています。


パンカーダのブログ



1900年のパリ万博博覧会において、アールヌーヴォーの家具の寄贈を

受けたことから始まりましたが、イギリスではそれほど評価されませんでした。


イギリスでは古い伝統と単純な構成、直線的な様式が求められ、

柔らかな曲線とロココ的要素のアールヌーヴォーに対する反応は

いま一つといったところだったようです。


パンカーダのブログ



しかし、グラスゴー派を中心としたイングリッシュアールヌーヴォーとよばれる

イギリス特有の様式が確立します。


パンカーダのブログ



イギリスを代表する家具デザイナー、チャールズ・レニー・マッキントッシュを

はじめとする近代建築家グループ、グラスゴー派が、

単純な植物や幾何学的な装飾を展開し、
緊張感ある20世紀の合理主義的な室内装飾の先駆けとなりました。

パンカーダのブログ


アールヌーヴォーには、日本人の美意識に強く訴えかける何かが在るように思えます。


英国アールヌーヴォー、日本の邸宅にもしっくりと馴染むと思います。


パンカーダにもアールヌーヴォーのスペシャルキャビネットがもうすぐ到着します♪



by T

東京の高級アンティーク家具店パンカーダさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]