ネストテーブル | 東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
2012-03-05 11:00:00

ネストテーブル

テーマ:アイテム解説

ネストテーブル(Nests of Tables)とは、組テーブルのことで、

中に入れ子式に収納できるテーブルのことです。


パンカーダのブログ

ツイストネストテーブル



1800年ごろより制作され始め、

最初はマホガニー製か、ローズウッド製が多く、

4つ組のことが多かったので、Quartetto Tables(カルテットテーブル)と

呼ばれました。


パンカーダのブログ


インレイドネストテーブル


パンカーダでもよく売れる、3つ組のものをTorio Tables(トリオテーブル)ともいいます。

主にリビングで利用されることが多かったようですが、Sheratonの文献によると

“それぞれに引き出せて、別々に使えます”という記述があります。


パンカーダのブログ


ウォールナットネストテーブル


ヴィクトリア時代よりもエドワーディアン時代に人気のあったテーブルです。


現代日本では、リビングのソファテーブルとしてのみならず、

玄関や階段などの空間の演出など、別々に楽しまれる方が多いようです。



by T




東京の高級アンティーク家具店パンカーダさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]