オークの風合い ~ 杢 木目 ~ | 東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
2011-11-20 11:00:00

オークの風合い ~ 杢 木目 ~

テーマ:木材についての豆知識

アンティーク家具は、木材の一番美しい部分である杢目を

贅沢に使用しているものが多くあります。


そして、パンカーダでは特に稀少価値の高い、ほんとうに美しい杢を

持ち、フォルムバランスのよい家具を仕入れています。


今回はオークの杢をいくつかご紹介いたします。


その前に。

木材の取り方には柾目と板目があります。


パンカーダのブログ
柾目は心材に対して直角にとるので木材の無駄が出る贅沢な取り方です。


板目は心材に対して平行に製材したもので、現れる杢は変わります。

パンカーダのブログ


柾目で代表的なのは「森の王」の虎斑、王たる証、シルバーグレン(銀斑)。


パンカーダのブログ


オーク材を柾目にとると、帯状に走る斑が現れます。

斑紋はやや粗く、荒々しさのある虎の毛のような斑です。


また虎斑がではない杢目は、「粗目柾」といい、オークでは年輪の幅が広く、

粗い目が現れたものをさします。


「中目柾」は、オーク材を心材に対して直角に製材したもの。


パンカーダのブログ


「追柾目」は、柾目の角度がやや板目に近い材面のもの。


パンカーダのブログ



「糖目柾(ぬかめまさ)」は、年輪の幅が狭く、詰んだ目が現れるもの。


パンカーダのブログ



「筍板目」は、板目に取ったオーク材に見られる杢で、筍状の山形の杢。


パンカーダのブログ



「中杢板目」は、中央に板目部分が4-6cm幅程度に上から下まで通り、

両側に柾目があるもの。


パンカーダのブログ


「バー杢」は、ウォールナットだけのものではありません。

オークバール、バーオークと呼ばれるオークに現れる杢も、

素晴らしい杢目です。


パンカーダのブログ




いろいろな模様がありますね。

自然が創りだす芸術的模様、見比べてみるのも楽しいものです。


ほんとうのイングリッシュオーク、アンティークオークをパンカーダで

ぜひご確認ください~


by T





東京の高級アンティーク家具店パンカーダさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]