ジョージアン様式とは | 東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
2011-04-28 11:00:00

ジョージアン様式とは

テーマ:アンティーク家具の様式・スタイル

ジョージアン様式(Georgian Style)とは、家具生産が栄華を極めた18世紀の

イギリスで、ジョージ1~3世(1714~1820)のジョージアン期に

流行した様式のこと。




パンカーダのブログ


バロックやロココ、ネオ・クラシック様式を含む文化的にも

趣向的にも洗練された時代の様式です。

イギリス経済の成長期で、中産階級が台頭したことから優れたデザイナーが

活躍したイギリス家具師の黄金時代ともいえます。


パンカーダのブログ


チッペンデール、アダム、ヘップルホワイト、シェラトンなどもこの時代。


パンカーダのブログ


この時代は、ヨーロッパ大陸への遊学である「グランド・ツアー」が流行し、

ツアーに出た貴族の子弟がフランスでフランス語やマナー、イタリアで古代ローマや

ルネサンスの建築や美術を学び、多くの美術品を持ち帰りました。

美術品はもとより、ツアー先での出会いや友情も芽生え、後のイギリス文化に

大きく影響を与えました。


パンカーダのブログ


優美で繊細なデザイン、一般的に考えられる典型的な英国アンティーク家具のイメージは

この時代につくられたと言えそうです。


パンカーダのブログ


材料には、マホガニー、サテンウッドが多くつかわれ、前期は「マホガニーの時代」、

後期は「サテンウッドの時代」といわれています。


パンカーダのブログ


椅子の張り地はシルクの朱子織が好まれました。


パンカーダのブログ


ジョージアン様式は、イギリス家具史上の黄金期に発達したため、

時代によって流行も変わり、これがジョージアン様式だと

一つを取り出すことが難しいようです。

ということで、後日、もう少し細かくお話したいと思います。

東京の高級アンティーク家具店パンカーダさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]