サイドバイサイド | 東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
2010-12-16 11:00:00

サイドバイサイド

テーマ:アイテム解説

サイドバイサイド(side by side)とは、

両サイドにブックケースがついたライティングビューローのこと。



パンカーダのブログ



ビューロー の歴史は以前ご紹介したとおり、17世紀に遡りますが、

サイドバイサイドは1900年代から製造されるようになったアイテムです。


貴族や富裕層向けの高級家具というよりも、

ちょっと豊かになった中産階級のための

都会的なアイテムだったのではないでしょうか。



パンカーダのブログ



材質も様々で、ウォールナット材やマホガニー材、

オーク材のものもよく見かけます。


以前当店にあったのはウォールナットの化粧張りが施されたもの。

アーディング&ホッブス社という百貨店のサイドバイサイドです。



パンカーダのブログ




デスク、チェストに加え、両サイドがブックケース、

あるいはディスプレイキャビネットにもなるコンパクトにまとまった多機能家具。


パンカーダのブログ


東京と似たような住環境だった昔のロンドンっ子が、

ワンルームで暮らしのお供にしていたのかもしれません。



東京の高級アンティーク家具店パンカーダさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]