チッペンデール様式とは? | 東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
2010-08-18 11:03:58

チッペンデール様式とは?

テーマ:アンティーク家具の様式・スタイル

チッペンデール様式はクイーンアン様式の変形で、

フランス・ロココ、シノワズリーといわれる中国趣味、

ゴシックリバイバルなどジョージアン中期を代表するスタイルのこと。


18世紀中ごろ、フランスのルイ15世時代(1715-1774)、

イギリスは家具史上の黄金期のひとつ、ジョージアン期に入ります。


クイーンアン様式の後、家具デザイナー トーマス・チッペンデール

(Thomas Chippendale)が登場し、富裕層のための宮廷様式の家具を

市民階級の生活環境に合った機能的で洗練されたスタイルに変えました。



パンカーダのブログ





パンカーダのブログ


チッペンデールはたくさんの家具をデザイン・製作しましたが、

中でも特徴をよく表しているのはチェアです。


チッペンデールのチェアは、次の4つのタイプに分けられます。


①クイーン・アン風:ガブリオールレッグ(猫脚)と

  ボールアンドクロウ(玉と爪)が特徴で、縦型のスプラット(背の中央板)


②ゴシックリバイバル風:垂直な脚と背にゴシックアーチがついている


③ロココ風:背にロココ風のリボンがついている  


④シノワズリー:背はまっすぐで中国風の装飾、

  脚もまっすぐで竹に似たモチーフ、チッペンデール後期の作品スタイルで、

  後世にもっとも影響を与えました。


パンカーダのブログ


パンカーダのブログ



パンカーダのブログ



余談ですが、ディズニーキャラクターで、シマリスのコンビ

「チップ&デール (Chip 'n Dale)」 は、この'チッペンデール'から来ているそうです。


パンカーダのブログ



クリエーターがチッペンデール様式のイスからインスピレーションを

得ていたのかもしれませんね。

東京の高級アンティーク家具店パンカーダさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]