アンティーク ステンドグラス ② | 東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
2010-08-12 11:17:41

アンティーク ステンドグラス ②

テーマ:アンティークステンドグラス

パンカーダの店内には、ホームページではご紹介しきれないほどの

アンティークステンドグラスがございます。

都内でもその在庫数はトップクラスなのではないでしょうか。


ステンドグラスは世界最古の工芸の一つといわれ、

絵画よりも古くから芸術様式としての地位を確立していました。


パンカーダのブログ



それは、宗教と密接に結びついていたためで、

中世以降のキリスト教の大聖堂の窓などによく使われています。


パンカーダのブログ



イギリスでは、1220年から1472年にかけて建設されたヨーク大聖堂

(York Minster)が最大級といわれ、10万枚以上のガラス片を用いた

200m2近いステンドグラスが今も残っています。


パンカーダのブログ



ステンドグラスは、神の象徴としての光を、効果的に演出する手段であり、

文字の読めない人々にとっては絵解きの聖書でもあったそうです。

パンカーダのブログ

テレビもなかった時代、様々な色をふんだんに取り入れた美しいステンドグラスは、

人々を魅了する芸術品だったのかもしれません。


当店のアンティークステンドグラスの中には、

宗教的モチーフではありませんが、

絵付けを施されたクオリティーの高いものもございます。


当時の富裕層が生活を彩るために飾ったであろうステンドグラスは、

どこかホッとする優しい輝きで、私たちを楽しませてくれます。


現代の忙しさを忘れ、のんびりとステンドグラスを鑑賞するひと時をいかがでしょうか。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]