カブリオールレッグ(猫脚)とは? | 東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
2010-06-24 13:14:45

カブリオールレッグ(猫脚)とは?

テーマ:アンティーク家具の様式・スタイル

カブリオールレッグ(Cabriole legs)とはアンティーク家具の脚のデザインの一つ。


パンカーダのブログ


動物の脚をモチーフにした、曲線の脚のことで、一般に猫脚と訳されます。


猫脚とは、四脚の哺乳動物の脚を基本デザインとしたスタイルのことです。

先端は曲線か、丸く膨らみ、爪がついているものもあります。


パンカーダのブログ


アン女王時代(1702~1714)は、一般的な家具が快適さと優雅さを

兼ね備え始めた時代でもあり、その頃から猫脚が始まったとされています。


カブリオールレッグ(Cabriole legs)のカブリオールとは、

フランス語のダンス専門用語で、はずむ、飛び上がるという意味。


パンカーダのブログ



猫脚のもともとの起源は東洋からと言われ、足や蹄(ひづめ)、

膝の部分に彫刻されているスタイルや全体的に模様のないプレーンなスタイルもあります。


パンカーダのブログ



18世紀初めには曲線の脚は簡単になって、足先(フット)は肉はん(パッド)が

つくことが多くなり、構造上の技術の進歩によって、

横木(貫)をつける必要がなくなったようです。


パンカーダのブログ


パンカーダにもさまざまなカブリオールレッグがございます。

ぜひ店頭にて見比べてみてください。


by T

東京の高級アンティーク家具店パンカーダさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]