静岡市 肩こり・むくみ・冷えを改善 痛くないすいな整体と経絡アロマトリートメント 山本美由紀【PANARI(パナリ)】

静岡 頭痛、肩こり、むくみ、生理痛、生理不順、便秘、冷え症、更年期等のお悩みに、推拿整体の優しい手技とアロマのパワーで、PANARIのすいなセラピスト山本美由紀が、あなたの「つらい」を「笑顔」に変えます☆
ストレス解消、健康維持、体質改善にもご利用下さい。


テーマ:
ぼくらの祖国/扶桑社
¥1,680
Amazon.co.jp


あなたは祖国を知っているだろうか……?
「ぼくは知らなかった」と著者は言う。

なぜだろうか?

 日本の学校では教えないからだ。

日本の大人も語らないからだ。子供も大人も、あなたもぼくもみんな日本国民だ。

しかし日本を祖国として考えたこと、はっきり祖国として意識したことが、どれほどあるだろうか? 
 なぜ、日本の学校では祖国について教わらないのか? 

なぜ、日本の大人たちは祖国を語らないのか? 

それは戦争に負けたからだという。
 しかし、世界の多くの国が戦争に負けた歴史を持っている。

それなのに、日本のように祖国を教えない国はない。

戦争の悲惨を知り、平和を大切にすることと、祖国を語らない、教えないことは、同じではない。

それどころか、平和を護るためにこそ、祖国をしっかり語ることが欠かせないのではないのか?
 著者自身が訪ねた、被災直後の東北、福島第一原発事故現場、硫黄島、沖縄本島白梅の塔等…… 

それぞれの場所で祖国のために命を捧げた人たちの姿、そしていまも現場でしっかりと生きている人々との邂逅を通じて、浮かび上がってくる祖国像を、著者の導きで考えていく。

強く立派に生きた人たち、そしていまも世のため祖国のために生きる人たちの姿は、大きな感動を呼ぶ。
 また「日本には資源がない」という“洗脳”の下、なぜか報道機関がほとんど報じない、祖国を資源大国への道へと導く全国民要注目の「資源」とは何か?
   読む者の心のなかに「祖国は甦る」と強い想いを植えつけてくれる、著者渾身の新作!


今年は紀元2672年

こんなに続いている国は他には例をみないのに、こんなに国民が祖国に関心を持たないのも、他には例を見ないという、不思議な国でもある。

それはなぜかと言えば、「戦争に負けたから」

宗教や歴史をなくすと、その国は滅びる。

祖国に関心がないのではなくて、祖国に関心を持たないように仕向けられたから。

学生時代、歴史の教科書に抱いたなんとも言えない違和感が、これだったんだっていうことに気づいたのが、ここ数年のこと。

アメリカの歴史の教科書には、日本の「国生み 」の挿絵が載っているという。

東日本大震災の実際、福島第一原発の現場の生の声、拉致問題、硫黄島、竹島問題、尖閣諸島、北方領土・・・

福島第一原発の原子炉はアメリカで有名な欠陥炉で、アメリカでは地震の多い西海岸では一炉も置かれていないこと。

硫黄島では、滑走路の下にまだたくさんの遺骨が埋まっていること。

ほんとうは資源豊かな国であること。

テレビでは決して言われないことが、書いてある。


かつて、親兄弟のために、子供のために、この国のためにと死んでいった人が大勢いる。

その人たちの遺伝子を引き継いで、私たちがいる。

だから、私たちはもっともっとこの国を知らなくてはいけないなと思う。

封印されている事実に気づくこと。

日本をもっと良くすることは、日本をもっと知ることだと思う。

図書館で借りたけど、手元に持っていたいなと思った。


この本を書かれたきっかけは、若いお母さんからの「子供にほんとうの日本を教える本が見つかりません。」という声が届いたこと。

この本は漢字に振り仮名が振ってあり、小学校の子供でも読めるようになっている。

中学、高校生にぜひ読んでもらいたい一冊。




推拿Relaxation PANARI


メニュー


いいね!した人  |  リブログ(1)

静岡 すいな整体師 山本美由紀(PANARI)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「●本」 の記事