ある下着にまつわるアンケートで、「あなたは下着を何枚持っていますか?」という質問への回答では、「8~10枚」という回答が圧倒的に多かったのだったそうです。

これは、1週間のサイクルで洗濯をする、という事を想定すると、ごく普通のように思えますが、数ある下着の中で、今日はこれを穿こうと選ぶ理由には、色やデザインなどの見た目で選ぶ人もいれば、フィット感や伸縮性などの履き心地で選ぶ人もいるのではないでしょうか。

また、「下着を身に付ける部分への悩みはありますか?」という質問への回答では、「痒み」「かぶれ」「蒸れ」「ニオイ」など、悩みの種類は様々ですが、男女ともに2人に1人の割合で、何らかの問題を抱えている事が分かったのだそうです。

下着を身に付ける部分は、いつも露出している皮膚に比べると弱いために、痒みやかぶれが起こりやすいように思えますが、これは、陰部の周囲に皮脂線が多く分布しているためで、雑菌などが繁殖しやすくなる事が原因なのだそうです。

女性は特に、化粧をする時や、お肌のお手入れを行う際など、鏡を見たり、指先を見たりする機会が男性よりも多いと思いますが、普段から露出している顔と腕を比較した場合には、皮脂線が多く分布しているおでこや鼻のTゾーンと言われている部分の方が、吹き出物が出来やすく、皮膚の痒みも起こりやすいのだそうです。

これは、脂漏性皮膚炎または脂漏性湿疹と呼ばれているそうで、痒みの程度は人によって様々ですが、アトピー性皮膚炎に移行したり、常に外用薬が必要になるケースもあるのだそうです。

人の皮膚には、マラセチア属真菌と呼ばれるカビの仲間が常に存在しており、余分な皮脂を分解しては、遊離脂肪酸へと変化させているそうですが、その遊離脂肪酸は、皮膚への刺激や炎症を引き起こすために、思春期など、皮脂の分泌量が過剰に多くなると、マラセチア属真菌も活発に繁殖して、ニキビなどの吹き出物や皮膚の赤みなどの炎症を引き起こしやすくなるのだそうです。

また、このような人体の皮膚や粘膜に存在している常在菌と呼ばれている真菌の一種には、他にも白癬菌があります。

白癬菌は、足で繁殖すると水虫と呼ばれ、股間で繁殖すると、いんきんたむしと呼ばれています。

いんきんたむしは、男性だけが発症する皮膚炎ではなく、女性も発症する事があるそうです。

男性の陰部は、複雑な構造になっており、皮脂などの汚れも溜まりやすいため、このような雑菌が繁殖しやすいですが、女性も陰部には皮脂腺が密集して存在しており、ストッキングやレギンスなどの通気性が悪く締め付けの強い肌着の影響で、いんきんたむしを発症する事があるようです。

これらの真菌感染症は、お風呂や寝具を解してうつる事もありますので、家族の誰かが痒がっている場合には注意が必要ですが、菌がついたからといったすぐに病変が現れる訳ではなく、もともと健康な人にも存在している常在菌ですので、過剰に繁殖さえしなければ、皮膚に異常が生じる心配はないそうです。

皮脂の分泌量は、普段から脂肪分の多い食事を摂っていたり、運動不足で汗をあまりかかなかったり、肥満になると多くなるそうですので、下着や陰部の痒みが気になる方は、そのような点にも注意しながら、通気性の良い下着を身に着けて、陰部を清潔に保つように気をつけてみると良いかもしれませんね。

 

ボクサーパンツワールド
http://store.shopping.yahoo.co.jp/boxerpants-world/

 

Rリバーサルショップ

http://r-reversal.jp/


サラリーマンの戦闘服とも言われているビジネススーツは、随分昔には、ダサい、カッコ悪いというイメージが強かったようですが、最近では、その人の体型に合わせて様々なシルエットが用意されており、また、色、生地、デザイン柄なども、数多くのバリエーションがあり、とてもお洒落に着こなせるようになっています。

また、スーツは職人が一から採寸して縫い上げる、フルオーダーメイドで仕立てる事もでき、自分のお気に入りのスーツをビシっと着こなすと、気合いも入り、今日も仕事を頑張ろう!という気持ちになってくるものです。

そんなスーツの下には、Yシャツを身に付けるのが一般的ですが、Yシャツの裾の前後は、なぜか長くなっています。

これは、どうしてなのでしょうか。

もともとYシャツは、裾の前後をボタンで止めるなどして下着の変わりに身に着けていた肌着だったようで、その名残から、今もYシャツの裾の前後は長くなっているのだそうです。

いわゆる、赤ちゃん用の衣服で、上下が一緒になったボディ肌着と同じような役割があったようです。

そのように、、Yシャツは下着同様の肌着として使用されていたため、Yシャツの裾が茶色く汚れる事なども決して珍しくなく、それがベルトからはだけて見えてしまう事がないように、昔のYシャツは、股下部分をボタンでしっかり止めるような構造になっていたそうです。

スーツの起源は、イギリスの農民の作業着がはじまりと言われており、、それがヨーロッパ各地の貴族や軍人、航海士などの衣服として定着していったそうですが、そのようなフォーマルなスーツ(礼装)の先進的な欧米では、下着同様のYシャツ姿になる事もマナー違反と考える人が今だに多く、今でも、伝統的な行事や正装が必要な場においては、上着を脱いでYシャツ姿にはならないように努める人が多いのだそうです。

そのような事から、現在でもYシャツの裾がベルトからはだけて出る事の無いように、Yシャツ裾の前後は長めに作られているのだそうです。

それでも、肥満体型でお腹が出ている人などは、骨盤でベルトを締める事ができず、どうしてもはだけてしまう事があるようで、そのような人にとっては、ボディシャツと呼ばれるYシャツと下着が一体型になっている特殊なシャツが人気なのだそうです。

そのように、Yシャツと下着には密接なつながりがありますが、もともと下着にポケットは必要無いという事から、Yシャツにポケットは不要とされていたそうですが、ビジネス用としてポケットがあった方が便利な事から、左右の片方だけにポケットが着けられるなどして、今では多彩なデザインへと進化していったそうです。


そういった事から、シャツのポケットは使わない方が、スマートな着こなしと言われているそうです。

そのような見た目の他にも、万が一、大事なメモ帳をシャツのポケットに入れたまま、うっかり洗濯してしまう事も時にはあるかもしれませんので、たしかに、Yシャツのポケットはなるべく使わない方が良いのかもしれませんね。

 

ボクサーパンツワールド
http://store.shopping.yahoo.co.jp/boxerpants-world/

 

Rリバーサルショップ

http://r-reversal.jp/

 

不妊(不妊症)は、妊娠を希望する夫婦間において、1年以内に妊娠に至らない事を指すと言われています。

日本では、昔から子供を産むの事は女の務めと言われており、赤ちゃんを授からない女性は、それを理由に離婚させられて実家に戻されたり、石女(うまづめ、せきじょ)と呼ばれ、亡くなった時にはお墓を分けられるなどして、差別を受けていたケースもあったそうです。

昔は、今よりも多産だったと言われていますが、その背景には、武家などの家柄を重んじる家系においては、その家柄を受け継ぐ跡継ぎを残す事が重要だった事や、農家においては、天候や自然災害に関わらず、農地に対する年貢(税金)が課せられていた事などから、健康な男の子を産む事が、とても重要だった事などがあるようです。

しかし、このような不妊の責任を女性だけに課す事は、不妊の原因が女性側にあるという一方的な古い解釈によるもので、現代では、不妊の原因は、男性側と女性側の両方にある事が知られています。

現代では、昔に比べると、食生活も豊かになり、食事の栄養価も高く、生活環境の衛生状態なども高い水準になっているために、妊娠や出産が昔よりも有利になっているように思えますが、実はその逆で、過剰なカロリー摂取が健康状態を悪化させており、大気汚染、食品添加物、電磁波などの様々な有害物質の影響から、昔よりも妊娠しにくくなっているそうです。

また、現代では身近な家電製品がとても便利に進歩しており、家事をこなす事に労力がかからなくなっているために、男性も女性も総じて、筋肉量が減少して、体の冷えや骨格のゆがみなどが生じやすくなっているそうです。

また、現代社会ならではのストレスも、大きな不妊の原因になっているそうです。

そのような事から、男性の精子も女性の卵子も、昔に比べると著しく劣化しており、精子の運動率で言えば、今から20年前と比較すると約30%も低下しているのだそうです。

さらに、男性と女性の性は染色体によって決定するのですが、男性の性を決定付けるY染色体は、世代毎に劣化を続けており、もともとは同じ大きさだった染色体が、現代ではX染色体1098:Y染色体78という大きさにまで縮小しており、やがてY染色体は消滅し、男性の性の絶滅や子孫を残せなくなるという説が提唱されているそうです。

このY染色体の劣化が、現代の男性の精子の数(濃度)、運動率(前進運動率)、奇形率(正常形態率)など、数値の上でも顕著に現れているそうです。

不妊の原因が男性側にある場合を男性不妊(男性不妊症)と言いますが、その男性不妊の原因のうち、約80%は精子に問題があると言われているそうです。

男性の精巣は、熱に弱く、温度が1℃上昇しただけでも、造精機能が40%近く低下する事が知られていますが、窮屈な下着を身に着けている場合にも、精巣へ流れる血流が阻害され、栄養分や酸素の供給が滞る事で、造精機能が著しく低下する事が知られています。

また、精子は射精されないまま蓄積されると、自然に体内で吸収され、その後は造精機能が緩やかに低下していくと言われており、頻繁に射精しないでいると、精子の生産量が低下してくるそうです。

また、煙草やお酒を控え、しっかりと栄養を摂る事や、排卵のタイミングに合わせた性交を行う事が重要とも言われていますが、最大の阻害要因は大きなストレスと言われおり、体が持つ本来の正常な働きを阻害してしまうようです。

そのため、毎日が楽しくなるような、自分のお気に入りのパンツをいつも身に着ける事や、時にはユーモラスな下着やセクシーな下着などを試してみるなどして、性生活を謳歌する事も大切なの要素と言えるのかもしれませんね。

 

ボクサーパンツワールド
http://store.shopping.yahoo.co.jp/boxerpants-world/

 

Rリバーサルショップ

http://r-reversal.jp/

 

日本の伝統文化であり、日本の国技と言われている相撲は、昔から裸姿に廻しと呼ばれる腰巻きを締めた格好で、取り組みが行われています。

 

この廻しは、ふんどしの一種と言われており、相撲褌(すもうふんどし)と呼ばれたり、外国人の間では相撲ベルトと呼ばれる事もあるのだそうです。

 

相撲の立会いは、体重が100kg以上の力士同士が瞬間的にぶつかり合うため、その衝撃は約2tにもなると言われているそうです。

 

普通の人なら、まるで走行中の車と衝突した時の衝撃にも近いものとも思われますが、そのような衝撃を受けても、廻しをきつく締めている事によって、腰痛になる事はほとんどなく、ケガや故障の多くは手足の負傷などで済んでいるのだそうです。

 

力士は、一見太っているように見えますが、その脂肪の下には鎧のごとく、とても厚い筋肉で覆われており、その超人的な筋肉によって骨格が守られている事で、大事には至らないのだそうです。

 

そんな力士が身に着ける廻しには、前面部分に紐のようなものがいくつも付いていますが、
これには、どのような意味が込められているのでしょうか。

 

この廻しに付いている紐のようなものは、下がりと呼ばれるもので、エプロンのような前垂れ(化粧廻し)が取り組みに不便だった事から、現在の廻しへと変わった際に、その名残として付けられているものなのだそうです。

 

もともと相撲は、神様へ奉納する神事や儀式としての意味があったため、そのような神聖な場で前面を隠すための前垂れがあったそうですが、それがやがて化粧廻しと呼ばれる大型のものへと変わっていき、非実用的なために土俵入り専用へと変わり、現在では、その名残である下がりを付けた廻しに簡略化され、今に至っているのだそうです。

 

それでも、この下がりによって指をケガする力士が多く、その対策として、廻しから引っ張ると抜け落ちる仕組みになっているそうです。

 

この下がりは、17本前後が原則とされており、また、必ず奇数でなければならないという決まりがあるそうです。

 

ちなみに、通常、廻しは非常に堅いのですが、汗を吸い込み事で自然に体に馴染むようになる事や、洗濯を重ねると生地が緩みすぎて痛んでしまう事から、験担ぎ(げんかつぎ)の意味からも、天日干しやアルコール消毒は行うものの、基本的には一度も洗濯をしないまま、同じものを使用するのだそうです。

 

これは、廻しが体に馴染む事で、廻しをよりきつく締める事ができ、相手の力士に対して廻しを取らせにくくしたり、逆にやや緩めに締める事で、十分に力を発揮させないといった戦術(勝敗)にも、大きな影響があるためなのだそうです。

 

ボクサーパンツワールド
http://store.shopping.yahoo.co.jp/boxerpants-world/

 

Rリバーサルショップ

http://r-reversal.jp/

 

パンパカパンツ♪、パンパカパンツ♪」という音楽のフレーズを、一度は耳にした事がありますか。

 

これは、ブタのキャラクターがパンツの素晴らしさをアピールするために、という設定で、アニメーションの作中で歌いながら踊る時に使用されている音楽のフレーズの一部です。

 

今、このアニメーションに登場するブタのキャラクターが、空前絶後の大ブレイクを果たしているそうです。

 

普段身に着けるパンツ(下着)との関連性はあまりありませんが、このブタのキャラクターのDVDや絵本をはじめ、他にも、このキャラクターを使用したTシャツ、くつ下、トートバッグ、ハンカチ、ペンケースなどのオリジナルグッズは、今、大ヒットしているのだそうです。

 

このブタのキャラクターは、SBS静岡放送のオリジナルキャラクターで、自局の番組宣伝コーナーなどで大量露出を行い、静岡県内限定ながらも、爆発的な知名度を得るに至ったのだそうです。

 

最近の各テレビ局では、伸び悩むCM収入以外の収入、いわゆる放送外収入を強化して伸ばしていく事が課題とされており、そこで、キャラクタービジネスは、ヒットすると巨大な売り上げが期待できるという事から、地方局ならではの番組宣伝コーナーなどにフル活用して、積極的にPRに取り組みれたのがきっかけなのだそうです。

 

静岡県内で大きな知名度を得た後は、他のイベントやご当地キャラクターとのコラボなども積極的に行われるようになり、現在では、全国的な知名度を誇るご当地キャラクターになっていったのだそうです。

 

そのような事から、このパンパカパンツのブタのキャラクターは、地方のテレビ局では最初の成功例として、他の地方局からも大きな注目を集めており、今後、同じようなキャラクターが登場する事も、大いに期待されているのだそうです。

 

日本人は、ポケモン、ハローキティ、アンパンマン、スーパーマリオ、リラックマ、ガンダムなど、世界では最もキャラクター好きの国民と言われており、あるアンケートによると、小学生から60代までの日本人の約80%は、何らかのキャラクター商品を持っている事が判明したそうです。

 

そのような国民性からも、キャラクターを起用した商品やイベントのPRは注目されやすく、また、莫大な経済効果を生むため、今後の地方創生に向けたキャラクタービジネスには、大きな期待が寄せられているのだそうです。

 

ボクサーパンツワールド
http://store.shopping.yahoo.co.jp/boxerpants-world/

 

Rリバーサルショップ

http://r-reversal.jp/

 

「記録は破られるためにある。(Records are made to be broken.)」という有名な言葉がありますが、たえず塗り替えられている世界記録をとりまとめているものに、ギネス世界記録(ギネスワールドレコーズ)というものがありますね。

 

このギネス世界記録は、毎年9月になると、それまでの最新の記録を記載した書籍として出版される事から、ギネスブックとも呼ばれています。

 

ギネス世界記録の組織の本社はイギリスにあり、日本にも、「ギネスワールドレコーズジャパン」という支社が東京都港区にあるのですが、その公式認定員は、日本人は全部で7名、世界中の公式認定員を全て合わせても50名しかいないのだそうです。

 

ギネス世界記録への登録申請には、映像を郵送する方法と、公式認定員を挑戦の場に呼ぶ方法とがあり、公式認定員は、依頼があれば、世界各地の記録挑戦の場へと1人で赴き、記録の判定を行っているのだそうです。

 

ギネス世界記録への応募は、毎年4万件以上もあり、その多くは記録の更新として認定を行う形で、新ジャンルにおける世界記録の認定は、ほんのわずかにとどまっているのだそうです。

 

そんなギネス世界記録には、パンツにまつわる記録も数多く残っており、日夜、記録更新に向けた挑戦が、世界中で盛んに行われているそうです。

 

その一例には、「1分間に穿いたパンツの枚数:18枚」、「1分間にジャンプをしてパンツを穿いた回数:27回」、「5分間に穿いたパンツの枚数:82枚」、「公共の場所で最も多く集まったパンツ姿の人間:116人」、「一度に穿いたパンツの枚数:302枚」などがあるそうです。

 

最後の「一度に穿いたパンツの枚数」に関しては、2010年にお笑い芸人の空手家矢部さんが挑戦して、当時の世界記録だった230枚を1枚超え、231枚で世界一に輝きましたが、その後もどんどん記録が更新されていき、現在のイギリス人男性が持つ302枚という記録が残っているのだそうです。


このイギリス人男性も、以前は211枚で世界記録を樹立していたそうですが、後から挑戦した多くの人に追随を許してしまい、再挑戦により、世界一を奪還しなおしたものなのだそうです。

 

まさに、「記録は破られるためにある。(Records are made to be broken.)」という言葉が、パンツだけに、ぴったりと当てはまっていますね。

 

ボクサーパンツワールド
http://store.shopping.yahoo.co.jp/boxerpants-world/

 

Rリバーサルショップ

http://r-reversal.jp/

 

日本には、全国各地に神社が約8万8千あり、寺社が約7万7千あり、それらを合わせると約16万5千社にもなり、その数は全国各地にあるコンビニの数の約3倍と言われています。

 

このように、非常に多くの古い建造物が、他国からの侵略にも合わず、災害にも負ける事なく、今も国内各地に点在してある事は、世界的に見ると、非常に恵まれていると言われているそうです。


日本は、海や山などの自然を神様の象徴としたり、動物を信仰対象としたり、歴史上の人物を神様として崇めるなど、あらゆるものに神様が宿り、感謝とともに生きるという、日本ならでは信仰文化が根付いたもので、古くから日本の歴史とも密接に関わりながら、大切に受け継がれてきたものですね。
 

また、日本は現存する世界最古の国としてギネスブックにも記載されており、世界最古の皇室を持つ事は、世界中で広く知られている事です。

 

そんな日本には、人々が持つ様々な悩みや苦しみを解決するために、全国各地には、様々な分野の神様がいるとされています。

 

その中でも、特に女性からの信仰を多く集めている特徴的な神社の一つに、和歌山市加太にある淡嶋神社(加太淡嶋神社、加太神社)があります。

 

この神社は、別名、パンツ神社(パンティー神社)と呼ばれているそうです。

 

それは、この神社には、縁結びの神様として知られ、数多くの女神と結ばれ、180または181柱の多くの子供(神様)をもうけたとされる大己貴命(大国主命)や、その大己貴命とともに国造りを行い、医薬の神様としても知られている少彦名命、お腹に子供を妊娠したまま朝鮮半島に出兵し、その少彦名命に助けられたとされる息長足姫命(神功皇后)が祀られており、良縁、子授け、安産、婦人病など、女性の願いを叶えてくれるという、古くからの信仰があるからなのだそうです。

 

なぜパンツ(パンティー)なのかは、古くは、女性の多くは、自分の命とも言える髪を切り、それを神様への信仰の証として奉納していたそうですが、やがて時代とともに髪の変わりに腰巻きに変わり、現代では、下着へと変わっていったためなのだそうです。

 

境内には、奉納用の下着を忘れた人のために、お守りなどと一緒に販売されているそうですが、奉納には、一度は身に着けたものをビニール袋に入れ、それを絵馬とともに結ぶという習慣になっているのだそうです。

 

もちろん、女性だけでなく、男性や、夫婦やカップルで、お参りに訪れる人も多いのだそうです。

 

また、神社の鏡内には、髪の伸びる人形もあり、パワーや霊性がとても強い神社としても有名なのだそうです。


その人形の髪は、人に見てもらおうとしてや、遊んでもらおうとして伸びるもので、特に悪い事を起こすものではないそうです。

 

他にも男性や女性の性器をかたどった置物なども数多く祀られており、全国各地に1,000社近くある淡嶋神社の総本社ならではの、非常に大きなパワーを体感できるパワースポットなのだそうです。
 

ボクサーパンツワールド
http://store.shopping.yahoo.co.jp/boxerpants-world/

 

Rリバーサルショップ

http://r-reversal.jp/

 

インターネットを通じて、男性を対象に、「自分の彼女にはどんな下着を身に着けて欲しいか?」というアンケート調査を行った所、下記のような結果になったそうです。

 

ブラジャー

 

・1位・・・レース付き
・2位・・・黒色
・3位・・・ピンク色

 

レース付きのブラジャーとは、やや透明で肌が透けて見える生地が部分的に縫い付けられているもので、その多くは、複雑な透かし模様のデザインが施されているブラジャーの事です。

 

男性にとっては、普通のブラジャーに比べると、まるでアクセサリーのようなゴージャスな雰囲気に見えたり、華やかな印象に見え、女性らしいセクシーさも強調されて見えるのだそうです。

 

また、そのような見た目の他にも、レース特有の滑らかな肌触りも人気の理由の一つになっているのだそうです。

 

ショーツ

 

・1位・・・ピンク色
・2位・・・白色
・3位・・・Tバック

 

ピンク色の下着は、女性からすると、ぶりっ子ぶっているようで嫌だ、という意見もあるようですが、男性にとっては、女性らしい色という印象が強く、男性ウケが最も良い傾向にあるようです。

 

また、形においては、より生地が少なくセクシーな印象の強い下着には、他にもGストリングや紐パンなどもありますが、あまりにも生地が少なすぎるのは、今一つなのだそうです。

 

自然な女性らしさは、生地が多すぎても、少なすぎても良くないようで、それには、Tバックが最もバランスが良いのだそうです。

 

また、これらは、ブラジャーとショーツの色が統一されている方が、一体感があり、見た目にも美しく見える事から、男性ウケ(彼ウケ)が良いそうです。

 

男性は、ブラジャーに関しては、見た目のデザインに着目する人が多く、ショーツに関しては、色に着目する人が多い傾向にあるようです。

 

他にも、男性が女性下着に求める点には、ホックがない、ホックが外しやすい、胸が盛られている、などといった要素もあるようです。

 

ボクサーパンツワールド
http://store.shopping.yahoo.co.jp/boxerpants-world/

 

Rリバーサルショップ

http://r-reversal.jp/

 

トランクスと言えば、インターネット百科事典として知られているウィキペディア(Wikipedia)にも、男性下着の一種として紹介されている程、男性向けの下着というイメージがとても強く感じられますが、最近では、女性用のトランクスも様々な種類が販売されており、その愛用者は続々と増え続けていると言われているそうです。

 

下着は1日中、身に着けるものですが、人によっては、汗で蒸れる、かぶれる、締め付け跡が痒くなるなど、様々な悩みがあるようですが、トランクスは、その圧倒的な解放感から、一度穿くと止められなくなる人が多いのだそうです。

 

他にも、下半身の冷えが気になる人は、通常の下着の上から重ね穿きをしたり、生理痛や腰痛が楽になるなど、健康上の理由から、トランクスを選んでいる人もいるのだそうです。

 

血液は、心臓のポンプ作用によって、常に体の隅々まで行き届き、循環していると言われていますが、リンパ液は、歩行などの筋肉の収縮と弛緩によってのみ運ばれ、安静時にはほとんど移動しないと言われているそうです。

 

また、リンパ管は毛細血管とともに皮膚のすぐ下を流れており、首や腕などを手で軽くさするだけでも流れを良くする事ができると言われていますが、衣服で強く締め付けてしまうと、簡単に流れが悪くなってしまうそうです。

 

リンパの流れが滞ってしまうと、肩こり、腰痛、頭痛、冷え、むくみなど、様々な体の不調を招く原因になると言われています。

 

そのような理由からも、女性用のトランクスは、ふんどしよりも試しやすい事もあり、健康意識の高い人からも注目を集めているのだそうです。

 

実際に女性用のトランクスを愛用している人からは、「便秘が改善された」、「むくみにくくなった」、「生理痛が軽くなった」など、様々な身体的な効果を実感している人もいて、中には「ストレスが溜まりにくくなった」など、精神的な影響も実感している人がいるのだそうです。

 

最近では、睡眠中のみ、通気性が良く、締め付け感の少ないふんどしを着用しているという女性は数多くいるそうですが、睡眠中の間だけトランクスを穿いてみるというのも、健康メリットが実感できるばかりか、トランクスが快適すぎる事で、もう止められなくなってしまうというケースも、中にはあるかもしれませんね。

 

ボクサーパンツワールド
http://store.shopping.yahoo.co.jp/boxerpants-world/

 

Rリバーサルショップ

http://r-reversal.jp/

 

男性として生まれながらも、女性の心を持っていたり、また、女性として生まれながらも、男性の心を持っているなど、今まではごく当たり前とされてきた性別枠に当てはまらない人は、トランスジェンダーと呼ばれています。

 

トランスジェンダー(transgender)という言葉は、ラテン語で「乗り越える」または「逆側を行く」という意味の「トランス(trans)」という言葉と、英語で「性」を意味にする「ジェンダー(gender)」という言葉による合成語と言われていますが、個人に対して用いられる他にも、それに類するグループや活動などにも用いられています。

 

また、「性同一性障害(性同一性障害者)」、「性別越境(性別越境者)」、「第三の性(サードジェンダー)」、「Xジェンダー(エックスジェンダー)」と呼ばれる場合もあるようです。

 

世界的に見ても、トランスジェンダーをはじめとする性的マイノリティ(性的少数者)は、少しずつ浸透しつつあるようですが、会社、学校、病院、スポーツジムなど、公共施設などにおいては、まだまだルールなどが未整備な所も多いと言われているそうです。

 

そのため、多くのトランスジェンダーは、一般の人には分からない多くのストレスを抱えている事も少なくないそうで、プライベートな時間になると、完全な異性の容姿で過ごすケースが多いのだそうです。

 

そんなトランスジェンダーとして、男性でありながら女性の心を持つ人にとって、特に注目されている海外の下着ブランドに、「HommeMystere(オム・ミスティア)」という商品があります。

 

この商品は、男性用のランジェリーで、今まで男性用の下着にはなかった、お洒落でかわいらしいデザインになっており、なおかつ、男性の体の構造を考慮したフィット性がある事から、世界中のトランスジェンダーから注目を集めているのだそうです。

 

男性用の下着は、昔から色やデザインのバリエーションが少なく、形や素材などの多様性があまり無いと言われており、また、女性用の下着はサイズがとても小さかったり、男性の体にはフィット性が悪いなど、女性らしいデザインのかわいらしい下着を身に着けたい人にとっては、悩ましい問題だったようです。

 

「HommeMystere(オム・ミスティア)」は、オーストラリアのブレント・クラウスさんとララ・クラウスさんのカップルが立ち上げた男性用のランジェリーブランドで、女性下着にはよく見られる小さなリボンがフロントに付いていたり、レースやフリルが付いているなど、デザインのバリエーションが豊富に用意されており、花柄、ドット、ストライプといった色柄も様々な種類があります。

 

また、ブラジャーやガーターベルト、ベビードールといったセクシーなランジェリーの種類も数多く展開しています。

 

2008年のショップオープンより、注文数は少しずつ増加を続けており、2015年にネットショップをオープンした際には、世界30ヶ国から注文が殺到した人気ぶりなのだそうです。

 

ボクサーパンツワールド
http://store.shopping.yahoo.co.jp/boxerpants-world/

 

Rリバーサルショップ

http://r-reversal.jp/