【レシピ】しっかり作る!とろとろ味染みブリ大根 | 発酵料理家・真野遥の研究日記

発酵料理家・真野遥の研究日記

ブログをお引越ししました。
noteで更新中です。
https://note.mu/harukamano

【公式HP】http://www.harukamano-jozo.com


テーマ:
先日は高校時代の友人を招いて家飲みしました

お酒大好きな3人

普段はワインばかり飲んでいますが、せっかく我が家で飲むからには、強制的に日本酒も楽しんでいってもらいました

日本橋のヤマザキでの収穫品、磯自慢はかなり人気でした!!日本酒に合う料理をと思い作ったブリ大根とベストマッチ

{235CC33C-8A26-462A-A98E-27FAA5B0951A:01}

ブリ大根は好きでよく作るのですが、今一度レシピをきちんと書き出してみました。
よろしければ参考にしてみてください

「キチンと作る!とろとろ味沁みブリ大根」

【材料】
・ブリ(切り身)…3切れ
・大根…1/2本
・米…1つまみ
A水…200ml
A酒…大さじ5
A砂糖…大さじ2と1/2
B醤油…大さじ3
Bみりん…大さじ2
・生姜(千切り)…適宜

【作り方】
1.大根は厚めに皮を剥き、2cm厚さの半月切りにする。(余裕が有れば輪切りのタイミングで面取りする。)
2.鍋に1と米、かぶるくらいの水を加え、大根にスーッと竹串が通るまで20分程茹
でる。
3.ブリの切り身は全体に塩をふり10分おき、出てきた水分をキッチンペーパーで
拭き取る。
4.鍋に湯を沸かし、3を5~10秒ほど湯がいたら冷水に取り、残っているうろこは
冷水の中で取り除く。水分はキッチンペーパーで拭き取る。
5.鍋に2の大根、4のブリ、Aの調味料を加えて加熱し、沸いたらら落し蓋をして
弱火で7分煮る。
6.5にBの調味料を加え、更に10分茹でる。
7.余裕が有れば一度冷まして味をしみこませる。
8.器に盛り、生姜を添えて頂く。

【ポイント】
ブリ大根は下処理がキモです!
大根は米と下茹ですることでえぐみが抜け、やわらかく仕上がります。
ブリはしっかりと臭みを抜きましょう。



{AA810B38-C506-4925-B93A-A5B72A82671C:01}

連休最終日だというのに終電ギリギリまで飲んでいく元気な女子たち。

ちなみにワインは君嶋屋さんののぞみちゃんオススメの赤をチョイス。

{221546FB-4D60-491F-ACB1-4B86A4BEF451:01}

ぬぉぉ!これは3人共どストライクでした。

軽すぎず重すぎず。
渋みがなく飲みやすいけれど、面白みもあり。
極上のブドウジュースを良い塩梅に熟成させたような…。(実際そうですけどね。笑)

いやー、これはワイン初心者~中級者に勧めたいお味ですね。
のぞみちゃんありがとうございます
お陰様で、良いのか悪いのか、やはり日本酒よりもワインの方が空いてしまうという結果に


日本酒がワインに勝つにはまだ道のりは長そうです…。

とにもかくにも、おなごは酔いですね~。
楽しい宵でした

真野遥さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス