時々仕事帰りに公園で野生の鳩を餌付けしてます

ハトに名前もつけてまして

名前は「モヒ」

全部のハト共通の名前になってます

モヒカンみたいにツノっぽい羽がチャームポイント

風がふくと、尖った羽の部分がプルプル風になびく姿に癒されます

 

写真は取ってないのでお借りしました

 

現地で生息している鳩で普通の鳩より一回り小ぶりでかわいい

そして、餌付けで目指す最終目的は手乗りハト

 

 

話は変わりますが、最近知らない人によく話かけられます

観光シーズンということもあるかもしれません

仕事帰り道や美術館をよく聞かれるので(多い日は4日続けてあった)

困っているだろうなと思い

以前、京都で道がわからず困っていたら地元の人に親切に教えてもらったことを思い出したので

その都度道案内します

 

それ以外に予想外というか、一人で勝手にウケたのが

ある日、スーパーの店内で日用品を買っていると

アジア人のオジさんが 『元気?!』と声をかけてくれて

『ええ、おかげさまで』とニコやかに挨拶した後、

アレっ、知ってる人だったっけ、、、いや知らない人だよな??とか

仕事帰りに信号待ちをしていたら

ヨーロピアンの年配の男性に

『こんにちは!今日一日どうだった?!』とまるで友達のように声をかけられ

『まあまあ忙しかったよ(笑)信号変わったからまたね〜』と

サヨナラしたり、色々不思議ですが楽しい経験してます

老若男女、国籍、性別、年齢すべてバラバラ

長く海外に住んでますが、こんなに人に話しかけられるのは人生初めてで

人によるかと思いますが、話しかけてもらえるってなんかありがたいです

 

 

そのことを友人A女子に話したところ

『あっ、どうして話かけられるかわかった!』といったので、なぜか聞くと

『あなたの髪の毛がグレイヘアだから年配の人だと思って話しかけてきたんじゃないの?』

といわれ、友人の言ったことに少し固まり

『面白いこというね〜その時、必ずと言っていいほど帽子被ってたんだけど

 どうやってグレイヘアってすぐにわかるんだろうね??』と冷静に聞くと

『あ〜、そうなんだ〜』と少し気まずそうに言ってました

ちなみに友人A女子は金髪ブルーアイの西洋人、根はいい人です

ただ、表面ではグレイヘアカッコイイなどといいつつ、その人の本心はそこなのかと

別の視点を知ることができてよかったなと思いました

 

女性であることを忘れない心がけと努力は必要だけれど

内面から込み上げてくるものは一日で作れるものではないと思ってます

そして、グレイヘアであろうとなかろうと

最後にものを言うのは人柄だと私は信じたいし

そんな人になりたい