ふんどしとノーブラとTバック | 高尾山の麓で冷蔵庫の無い暮らしを楽しむ二次元好きなチネイザン・ワーカーの日々徒然

高尾山の麓で冷蔵庫の無い暮らしを楽しむ二次元好きなチネイザン・ワーカーの日々徒然

チネイザン、タイ古式、オイルを組み合わせた全身のボディケアと、冷蔵庫無しの暮らしから生まれる常温発酵食&高尾山のふもとという自然環境で腹が癒える日帰りリトリートをオススメしている、がちなおうちサロン・パームハウス家主のブログ。


流行る(?!)前からノーブラ&ふんどし推しとなって10年以上快適に暮らしてきたのですが、去年あたりから「フツー」の下着にはまり始めたんですよ。

まずはワイヤー入りのブラジャーをつけはじめw、フツーのパンティwをはくようになりました。

今日はふんどし推しだったわたしが、ふんどしを推していた大きな理由
「鼠径部が楽」
「締め付け感が無い」
をカバーしつつも乙女心も満たすフツーのパンティの紹介です。

①Tバック

デザインによるところも多少ありますが、普通のショーツと比べると鼠径部がゆるやかなんですよね。
跨ぐりの深いものが特によいです。
バックは、あまり細すぎると微妙…。紐タイプはわたしはないかなー。1番狭い部分でもせめて2CMはあると安心感あるのではないかしら…
冷えが気になるなら、Tバックに毛糸のパンツ的なふわっとしたのを被せるのがおすすめです。空気の層が暖めてくれますよ。

具体的にわたしが好んでいるのは

・トリンプのスロギーストリング
 


→これ化繊なのですが、シームレスでほどよい幅で、洗ってもすぐ乾くので旅行携帯にもすごくオススメです。化繊のやな感じがほぼなく、肌触りもよいです。

アムールスタジオ
 →Tバックというと「エロ」「男に見せる向け」みたいな先入観ある方多くないですか??
これぞ女子のための快適Tバック!綿100でリバティ柄など、可愛らしいラインナップのお店です。




また、腰ゴムに余裕を持たせるためなのか単純にデザインなのかわかりませんが、腰まわりのフリフリ感もたまりません。

ホアナデアルコ(ボンバチャシリーズ)

ここはTバックもあってそちらもおすすめなのですが、ショーツタイプも鼠径部が楽で快適です。そして、腰ひも(ゴム)がブラ紐みたいに調整できるようになっているんです!
デザインがモードさとキッチュさのいい塩梅でねー。これがまたたまらない…


③サイズアップ

これは単純に、普段はいているパンティのサイズのサイズを1つあげることの推奨です。そうそう落ちたりしませんから(笑)
ゆったりはこう。


10年以上ふんどしやふんパンを好んできて「なーんか、飽きた。」というのもあるかもしれない(^_^;)

10年以上、色んな手作り物とか見てきて、安くない金額(パンツ1枚5000円とか、ブラに15000円とか)を使っていろいろはいてきましたが、値段や材料や履き心地、どこかに難を感じてはいたんですよね(-_-;)。


それがねー。なんかのきっかけ(友達がおすすめしてくれたのだけど、なんですすめてもらったのかを覚えていないw)でTバックはいたりホアナデアルコ試してみたら。

可愛いし快適だし手頃な価格(1枚1500円~3000円)!!


ふんパンは捨てるのだ!みたいな気分にまではなりませんよ?こちらはこちらでやはり快適です。
ふんパンとTバックと、これからはいい塩梅に付き合っていきたいもんです~。