ラ・スコリエーラ | 横浜から~遊食な日々~石けんとアロマとおいしいもの

横浜から~遊食な日々~石けんとアロマとおいしいもの

手作り石けん、アロマテラピー、パン教室などの日々をつづっています。

火曜日にヴィニタリアに行ったとき、

ラ・スコリエーラに行ったことないから行ってみたい~~って話してたら

話がすすんで、なんとその場(@ヴィニタリア)にて予約。


ここのお料理教室のみなさんは、わたしもそうだけど

美味しいものに対する興味と行動力がすばらしいっビックリマーク


そんなわけで、「ラ・スコリエーラ 」。

魚介専門の南イタリア料理店。

こちらの馬場シェフと、私たちのイタリアンの先生はイタリア留学仲間。

なので、前からお店の存在は知っていたのだけど

最近dancyuに載ったり、チューボーですよ!に出演したり、

どんどんメジャーになっているので、ぜひぜひ行ってみたかったところなのです。


さっそくシェフがごあいさつに。

先生の言うとおり、爽やかでかっこいい方でしたニコニコ


サーモンのカナッペ


お通しとして出てきたのはサーモンのカナッペ。

クリーム状にしたサーモンが、自家製のパンの上に載ってます。


自家製パン


パンは全部自家製で、朝焼いているとのこと。

なんか素朴な感じがとってもいい。


カルパッチョ  


前菜は好きな数を盛り合わせで選べる。

私たちが選んだのは6種類。

こちらはカルパッチョ。

左の赤身は、なんとサメの心臓!

初めて食べたけど、レバ刺しのようで(そのとおりか)美味しかった~。


タコのマリネ  タコのマリネ


白魚のカナッペ  白魚のカナッペ


鯵とヒゴイワシのマリネ  鯵とヒゴイワシのマリネ


あれ、あと2種類とり忘れてる。。

フリットと、もうひとつはなんだったっけ?


ムール貝


こちらは隣のテーブルが頼んでいて

とーっても美味しそうだったので頼んだムール貝。

貝はもちろんのこと、鍋底にたまったスープがおいしいっ。

当然、パンにたーっぷりひたして食べましたラブラブ


マグロのカラスミパスタ  マグロのカラスミのパスタ


パスタは2種類をオーダー。

まずは、マグロのカラスミのパスタ。

カラスミといえばボラが普通で、マグロはめずらしい。

そのお味は、まるでタラコ。

濃厚なタラコを食べている感じ。


イワシのラグー  イワシのラグー2


次のパスタはイワシのラグー。

イワシとオレンジが合って濃厚なのにどこかさわやかでおいしい。


アクアパッツァ


メインも2種類。

こちらはアイナメのアクアパッツァ。

シンプルに魚の美味しさが味わえるのがいい。


マグロほほ肉


マグロのほほ肉のグリル。

いや、これ肉ですよ、魚とは思えない。

タリアータです、って言われてもわかんないぐらい。


wine


今日飲んだワインたち。

ここのワインはサルディーニャとシチシアが中心。

今日はサルディーニャから2本とプーリアから1本。

南のワインはどれもこれも私好みでいいっ。



アマーロのジェラート


ドルチェはアマーロのジェラート。

アマーロとは食後酒の一種。

それほどお酒っぽくはなかったのだけど、さっぱりしてておいしい。


パンナコッタ


みんなのドルチェも撮りました☆

こちらはパンナコッタ。


チョコレートムース  チョコレートムース


ヌガーのセミフレッド  ヌガーのセミフレッド


隣のテーブルのイタリア人が、私たちのテーブルのうちの1人を気に入ったらしく

熱烈にアプローチし、そしてダンスを強要(?!)して踊るというハプニングもあり、

ほんと今回も楽しいお食事会でした~


ランチも安くておいしいらしい。

ちょっと行くのにはタクシーを使ってがんばらなきゃいけないけど、

こんどがんばって行ってみようかなぁ。