写真や装いから読み取ること | Pale Lilac パーソナルスタイリスト田村絵里子(山口県山口市)

Pale Lilac パーソナルスタイリスト田村絵里子(山口県山口市)

山口県山口市在住のパーソナルスタイリスト田村絵里子のブログです。パーソナルカラー診断・体型診断・ファッションカウンセリング・ワードロープチェック・ショッピング同行


テーマ:
 
「写真には撮り手の性格が表れる。」と聞きます。
 
上の写真は、主人が プロのカメラマンに講評してもらえる
 
カメラ教室に参加した時に撮ったものらしいのですが、

プロの方からは

「冷静ですね。(構図を見て)でも、裏を返せば熱がない。」

と言われたそうです。 。。
 
確かに、主人は冷静沈着な人(^-^;

緊張感伝わる猫ちゃんを前に
 
カメラを冷静に構える主人の姿があったはず。。。
 
 
皆様も 1枚の写真を通して、
 
被写体や撮り手の気持ちを想像することはありませんか?
 
 
それは、装い についても同じだと思っていて、
 
人に出会った瞬間、 外見から
 
その方の年齢や職業、性格まで無意識に想像します。
 
外見と同時にその方の内面までも読み取っていると
 
いうことなんですよね。
 
つまり、

「装いは可視化した自分」とも言えるのだと思います。
 
 
例えばカラフルでデザイン性の高い服装をしている方がいると
 
個性的で、表現力が豊かな方なのかなと想像したり。
 
 

主人が言っていた言葉。
 
「写真の読み方がわかると(あるらしいです・・・)
 
撮り手の価値観まで見えてくるらしい。」
 
 
それを 装い に置き換えて考えると
 
装うことへの知識が増すことで
 
さらに 相手の、装いに対する価値観がわかると
 
いうことなると思います。
 
装いをきっかけにコミュニケーションも広がるということ。

外見はコミュニケーションツールの1つ。
 
装いについての知識は、大人の教養と言えるのではないでしょうか。
 
 
 
装いの知識を学ぶ
 
自分の「似合う服装」について知る
 
そんな講座を計画中です。
 
2017年4月開講予定。
 
どうぞお楽しみに~^^!
 
 
 

田村 絵里子(Pale Lilac  ペールライラック)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス