◆かまってちゃんの仕組み。

 

 

 

昨年6月のお誕生会(生誕祭)で

なぜか、イギリスの「お紅茶」をたくさん頂いて

(ワシの中では「お紅茶」と呼んでいる)

 

 

それが、とっても美味しくてさ~♡

コーヒー派だった姉さん

家では「お紅茶」なんですのよぉ(* ̄Oノ ̄*)ホホホ

 

 

 

 

さて、ブログへ( ̄▽ ̄)

 

 

 

「かまってちゃん」

みなさまも、この言葉をたまに耳にすると思う。

 

 

 

そして、これは批判している訳でもなく

その人にダメ出ししている訳でもなく

わたしはやはり、これも「この仕組み」さえ理解してしまえば

言うほうも、言われるほうもラクになると思っている。

 

 

 

要するに、本人は無意識なのだ。

 

 

 

なので、そういう人たちの特徴としては

「迷惑をかけないように」と頑なにがんばっている人が多い。


カンタンに言うと、

かまってもらわないで済むように

(手を煩わせないように)

かまってと言わないように

(そういう状況を作らないように)

 

 

と、

必死にがんばっている人。

 

 

 


ということは

「かまってちゃん」だと「言われないよう」に

必死でがんばっているので

そっちに偏っている。

 

 

 

そして、無意識に偏っているので

その臭いがダダ漏れになってしまう。

でも、本人は無意識なので気がつかない。

 

 

 

結果、本当は「かまって欲しい」ので

「あの人、かまってちゃんだよねー」と言われてしまうのだ。

 

 

 

 

大事なことなので

もう1回言うよ( ゚Д゚)

 

「本当はかまって欲しかった人」だから

かまってちゃんだよねーと言われるのだ。

※ある意味、当たり前(笑)

 

 

 

 

「人に迷惑かけないように」

「誰かの手を煩わせないように」

「わたしは甘えてはいけない」

「誰かを悲しませてはいけない」

 

 


これらを頑なに守ってがんばって来たということは

親に対して、これらを思って来たということ。

 

 

 

「お母さんに甘えてはいけない」

「お母さんを悲しませないように」

「お母さんの迷惑にならないように」

「お母さんの手を煩わせないように」

こう強く思ってがんばって来たので・・・・

 

 

 

 

はい(゚Д゚)ノ

「本当はやりたい(やりたかった)」ということ。

 

 

 

 

この未完了の思いが成仏していないので

無意識に周りのみんなに迷惑かけるしw
なぜだか、誰かの手を煩わせるようなことをしてしまうし

気を使って甘えないようにと行動したことが

結果的には「オマエウザい」と言われたりするのだ(笑)

 

 

 

 

なんか、踏んだり蹴ったりの状態でいたたまれないが

どうしても周りから「かまってちゃん」と

呼ばれてしまうのよね(*´Д`)チーン

 

 

 


で、「あなた、かまってちゃんだよね♪」

なんて言われた日には

本人は、全力で否定するからね(笑)

 

 

 

そりゃ、そうだよね。

 

小さい頃から

それだけはアカンと思って禁止して来たのは本人なので

自分でも無意識にそうなっていることには気がつかないのだ。

 

 

 

そして、恐ろしいのは「無意識レベル」なので

シャバで言うところの「摩訶不思議」な出来事さえ巻き起こす。

(業界的には当然の引き寄せという出来事をやらかす)

 

 

 

 

例えば、大事な会議に寝坊したり遅刻したり

(珍しく)必要とされている場所に辿り着けなかったり

カッコは悪意かwww

 

 

 

それこそ突然、電車が遅れましたーとか

今日に限って目覚ましが鳴りませんでしたーとか

本人も周りも「まさか」と思うような出来事を引き寄せる!

 

 

 

 

なぜ、引き寄せるかというと

「無意識」が、そう思っているから。

 

 

 

 

「無意識」=「潜在意識」ね。

 

 

 

 

本人が、どんなに迷惑をかけないように意識(10%未満)しても

無意識(潜在意識)の力は90%以上なので敵うはずが無いのだ。

 

 

 

で、そんな摩訶不思議なことまで巻き起こす様子を

目の当たりにした周りの人は

ますます「やっぱり、あの人かまってちゃんだねー」と言うのです。

 

 

 

うーん。

残念( ;∀;)

 

 

 

さて、では「かまってちゃん」をどうやってやめるのか?

そろそろ知りたいよね?

 

 

 

 

カンタン。カンタン。

 

「あーん♡わたし、お母さんにもっと甘えたかったなー」

「あーん♡わたし、お母さんに迷惑かけても愛されたかったなぁ」

「あーん♡わたし、手のかかる子ねって大事にされたかったなぁ」

と、知ること。

 

 

 

 

そして、何より

「わたしは、お母さんを悲しませたく無かったんだ」

「わたしは、お母さんに喜んで欲しかったんだ」

「わたしは、お母さんを助けたかっただけなんだ」

「わたしは、良い子で誉めて欲しかったんだ」

 

 

と、こんな「過去の自分の気持ち」をわかってあげれば良いのです。

 

 

 

 

この「潜在意識」に眠っている未完了に気がつくと

やっと過去の自分が成仏していくので

「かまって」だけではなくて、

悲しい(淋しさ)とか

認めて欲しい(承認欲求)とか

他の部分も勝手に落ち着いていくのです。

 

 

 

 

やたらと周りに認めて欲しいとか

何だか虚しい、淋しい・・・

そして、かまって欲しいという気持ちも落ち着くので

本当の意味で、心身ともに成長して

行動や内面も「大人」になっていくのだとわたしは思うよ。

 

 

 

 

↓昨日、お昼にバーガーキングに行ったら

被り物(王冠)が置いてあったのでモロタ♡

 

 

 
 募集中のセミナー、イベント

 

 

《心屋塾 初級セミナー》

 

日程:3月17日(土)11:00~18:30

場所:大宮ソニックシティ708

受講料:22,000円(現金可)

 

>>>詳細&お申込み>>>

 

 

《大人気20回目!ダメンズメーカー卒業セミナー》

 

<日程>3月21日(祝・水)13:30~16:30

<場所>大宮ソニックシティ809

<受講料>20,000円

 

>>>詳細&お申込みはこちら>>>

 

 

《心屋塾 上級ワークショップ》

 

《日程》

4月7日(土)13:00~19:30

4月8日(日)11:00~18:30

※2日間連続の講座です。

 

>>>詳細&お申込みはこちらから>>>

 

**************************

 

カエル姉さんのカウンセラー養成コース半年間!
5期は4月20日スタート♡

 

【カエル塾5期生】募集中!