サマーなバラとサマーなミズキ | カエデノハ Green Season ‐花と緑の家造り‐

サマーなバラとサマーなミズキ

夏カラーER、サマーソング、今年は私が開花に気が付くのが遅れていい写真が全然撮れませんで…
何とかぽつっと咲いた所をカメラに収める事が出来ました。
やっぱ、目隠し完璧にし過ぎてしまいましたねw ウッドウォールがあると残念ながらサマーソングは全く目に入りません。…そのうちアレか、ウッドウォール裏をアーチみたいに支柱渡して、サマーソングのシュートを目隠しのこちら側に覗かせるようにすればいいんじゃないか。

あんまり低くすると脚立を出し入れする時面倒なんで、かなり高めに作れば…

ううむ、またやる(やろうと思う)事が増えたかもしれません。


でも、それでもし日当たりなんかを確保出来て、花が壁からテラス側に枝垂れる用に仕立てられたら…想像するだけで俄然やる気が出ます。

 

毎年の事なんですが、サマーソングの場所は日当たりがイマイチ悪くて、そこまで沢山花をつけたことがありません。
株自体は大きいんですけどね~。

この赤銅色のカップ、香りともにとても魅力的なバラなので、もっと沢山の花をつけた姿を拝んでみたい所です。

 

 

 

 

我が家のスイートテン・ヤマボウシ サマーグラッシー。

2015年にポーチ脇、花壇の壁の裏に移植してから早4年目です。

ここに植えてから1年は何事も無かったものの、翌年、主幹の真ん中…地上100㎝くらいから上が枯れ、慌てて切り落として一番近い位置から出ていた太目の側枝を主幹に引き寄せて固定したことがありました。

どうなる事かと冷や冷やしていましたが、そこから数年、柏葉アジサイの陰になりつつも地味に少しずつ成長しています。
 

初めに植え付けたのは2013年→スウィートテン・ヤマボウシ「サマーグラッシー」常緑♪

 

同じミズキ科でアメリカヤマボウシの和名をもつハナミズキはミズキ属で、ヤマボウシはヤマボウシ属。
科目を人間で表すなら、人は ヒト化ヒト属 で、ゴリラは ヒト化ゴリラ属 チンパンジーはチンパンジー属。
…そう考えると、科は同じでも結構な違いがあるモノなんだなぁと思いますw
確かに、ハナミズキとヤマボウシ、葉も花も、質や形など結構違いますよね。
 

ハナミズキの、庭に馴染みやすい黄緑の葉に手入れしやすそうな樹形と丸めの花弁の花も好きですが、私はこの少し野趣味ある尖った十字花と、つるんとした葉、そして株が充実した時に見せる木一面の花が見たくて、記念樹としました。

 

今年はぽつりぽつりといくつか咲かせてくれました。咲いただけ御の字。
まずはもっと背丈を伸ばして欲しいですね。柏葉に押されて控えめ過ぎです。移植前は柏葉スノーフレークに押されてましたっけ。あっちでもこっちでも柏葉に圧される可哀想なサマーグラッシー…w

 

ま、気長に成長を待ちましょう。近所の、駐車場脇で目隠しにヤマボウシを3本植えてあるお宅、7年目にしてようやく花をビッシリと言って差し支えないくらいに咲かせるようになった感じでしたしね。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ) 1.3m 62101
価格:10800円(税込、送料別) (2019/6/24時点)

 

一昨日ひさびさロードで走った際、空が綺麗だったので

ちょいちょい写真も(iPhoneで)撮ってきました。
ポートタワー前を通って

 

稲毛海浜公園のサイクリングロードはお決まりのコースです。ここはこんな日に走ると最高に気持ち良い!

 

出がけ、家から500mくらい行った先で携帯に「豪雨注意報」が出て、本当にいきなり大粒の雨に降られた時は参りましたが…10分程で上がり、道路も乾いたので助かりました。

狙ったような降雨は止めてくれ…

 

結局40kmは走れましたが、久々過ぎて足が鈍り過ぎ。もっと時間取って走らないとなあ。

 

 

ランキング参加中↓応援ポチお願いします↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

カエデノハ ‐バラの家造り‐

人気ブログランキング