11月の反省会 | ぱきらったわーるど

ぱきらったわーるど

~『アラシック』で『サトシック』な『ぱきらった』の妄想わーるど~ 

 「さあ、始まりました。
   今月の反省会です。」
 「いやー、ちょっと大丈夫?」
 「何が?」
 「今日って色々情報過多だからさー。
   ここ、間に合わないかと思ったよ。」
 「いや、まだわかんないですよ。
   書き始めたの21時過ぎですからね。」
 「しかもあいつ、こんな日に仕事だったからな。
   全然間に合ってないぞ。」
 「あら、ずいぶんお詳しいことで。」
 「いや、言わされてるだけだけど。」
 「結局それ言いたいだけじゃないの?」
 「(笑) というわけで、今月のアクセスランキングいきまーす。」
 「…どういうわけで?(笑)」
 「ま、細かいことは気にすんな。」
 「わかちこわかちこー。」
 「また乗っかっちゃってるし(笑)」
 「(笑) では、1位から10位を一気に発表します。
   第1位 BL 憧れ、尊敬、愛しみ 第11話 「横恋慕な想い」
   第2位 素直な気持ち 第149話 「望んでるのは」
   第3位 『ぱきらったわーるど』Contents 2
   第4位 友達の妹 第133話 「未婚の母」
   第5位 素直な気持ち 第148話 「普段と違う」
   第6位 ホントのトコロ 第100話 「膿んでいく傷」
   第7位 ダイヤモンド 第47話 「綺麗じゃないと」
   第8位 最近の智潤(もちろん妄想)
   第9位 Firefly 第39話 「誤魔化しながら」
   第10位 10月の反省会
   以上です。」
 「まあ、いつものパターンだよね。
   今月更新分と、Contentsの2と…反省会?」
 「反省会も読んでくれてるんだねー。」
 「ありがたいことにね。」
 「ま、あいつが勝手に、俺らに色々言わせてるだけだけどね。」
 「それを言っちゃあ…」
 「もう、乗っかんないよ!」
 「なんだよー(笑)」
 「…あれ? そういえば今月って大野さん、聖誕祭でしたよね?」
 「今は聖誕祭くくりはないけどね。」
 「ま、こんなもんだろ? あいつだもん。」
 「あれ? 微妙にイライラしてる?」
 「そういうわけじゃないけど…」
 「またまたー!」
 「っつーかさ、Contentsが3位?」
 「…ね(笑) 大丈夫かなー。」
 「ん? どういうこと?」
 「お話よりも目次? …ってことでしょ?」
 「ここって、需要あるの?…ってことだろ?」
 「えーっ! そんなこと言わないでよー。
   あとひと月でここも…」
 「…あ、やっぱそうなの?」
 「そりゃそうだろ。
   俺らが休みに入るって言うのに、あいつだけここ続けるかー?」
 「なかなか難しいものがありますよね。
   妄想で書いてる話なのに、妄想元がお休みじゃあ…」
 「妄想元って(笑)」
 「てかさー。
   ここのお話、12月で全部終わ…る?」
 「ま…無理でしょうな(笑)」
 「ってことは… 続けても良くない?」
 「いや、需要が…」
 「(笑) ま、なんとなく、無理やり終わらせる未来も見えなくもないけど…」
 「あいつならやりかねないな。」
 「なんかね…? ちょいスランプなのかもね。」
 「ここにきて…?(笑)」
 「ほんと、ここに来てよね(笑)
   どうすんのよ、ほんと。」
 「ま、とりあえず明日にはvoyageを観てもらって。」
 「まだ観てないのかよ!!」
 「だから、今日仕事だったんだって(笑)」
 「明日はお休みみたいですからね。
   頑張って観てもらいましょ。 私の回でしょ!?」
 「だから必死なの?」
 「いや、別に必死じゃないですけどね。
   次々こなしていかないと、どんどん消化できなくなるような…」
 「マジであと1か月だからね!
   頑張ってお話の方も絞り出してもらってね。」
 「出来んのかよ…」
 「(笑) というわけで、今月の反省会。
   いかがでしたでしょうか?」
 「え? もう終わり?」
 「今まで何聞いてたのよ(笑)
   色々巻きで行かないと、間に合わないのよこの人。」
 「自分は仕事休みだけど、明日も朝5時起きだからね。」
 「早っ!!」
 「どんだけ要領悪いんだか…」
 「確かに(笑)
   というわけで、とりあえず来月最終回となります。
   12月の反省会でお会いしましょう。」
 「なに? この寂しい終わり方(笑)」