腰椎椎間板ヘルニアの手術を2度も経験した過去がある治療家。

 

痛みを繰り返さない腰痛の専門家、下園です。

image

 

 

今回は、

 

 

膝の痛みはプールを歩いても解決しません!!

についてお話したいと思います。

 

 

 

なぜ、膝の痛みはプールを歩いても解決しないのか??

 

 

 

それは、【圧力の恩恵】を受けないから!!

 

 

ん??

圧力??

 

 

 

例えば…

 

 

 

転んで、切り傷を負った時、傷を“押える”

転んで頭を床で強打した時、頭を“押える”

お腹が痛い時、お腹を“押える”

頭痛がする時、頭を“押える”

 

 

 

この“押える”という行動は、患部に手を当てる、“手当て”の基本です。

 

 

 

手で患部に触れることで圧力が加わります。

この圧力が、押えるという行為になりますが、

負傷した部分に圧力が加わることで、傷ついた細胞の修復

促進されたり、痛みの強度が軽減したりという恩恵を受ける

ことができます。

 

 

 

そこで、膝の関節が痛い時、どう対処することが痛みの軽減に

繋がるのか??

 

 

 

やはり、“押える”という行為がその問題を解決することに繋がります。

 

 

 

どうやって押える??

圧力を加える??

 

 

 

それは“自分の体重を利用する”ということです。

簡単にいうと、“立つ”ということです!!

 

 

 

立つことで膝の関節に体重の負荷が加わります。

この体重の負荷が、関節の傷に圧力を加え、痛みの抑制と

細胞の修復に恩恵を与えるのです!!

 

 

 

だから、体が浮いてしまうプールではこの“圧力の恩恵”を

受けることができないので、解決しないということになります。

 

 

 

決して、プールが良くないという意見ではありません。

心肺機能を向上させることが目的であればプールもOKです。

運動不足解消が目的であればプールでもOKです。

ようは、何を目的にしているかです!!

 

 

 

膝などの関節痛を改善することが目的なのであれば

プールは不向きだということです!!

 

 

 

今回は

「膝の痛みはプールを歩いても解決しません」

というお話でした。

 

 

 

ありがとうございました!!

 

 

 

 

Youtube参考動画はこちらです↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

施術、ご希望の方は↓↓↓

☑お急ぎの方はお電話ください。

☑空き状況の目安を確認したい方はLINE@やSNSから。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

LINE@からもご予約、お問合せ頂けます。

登録後はスタンプもお願いします!

友だち追加

 

 

 

初診の方は空き状況が分かる

【初診専用予約フォーム】

からのご予約が便利です。

 

 

///////////////////////////////////////////////

 

初めて受診される方のご予約はこちらが便利です。

ただし、お急ぎの方はお電話ください!!

TEL:072-921-7788

初診専用予約フォーム

 

 

こんな症状、診てもらえるのかな?と思ったら↓↓↓

メールお問合せフォーム

 

 

整骨院のこと、詳しく知りたい方はこちら↓↓↓

公式ホームページ

 

 

オススメ情報ゲットしたい方はフォローをお願いします☆

公式インスタグラム

 

 

オススメ情報ゲットしたい方はフォローをお願いします☆

公式フェイスブック

 

 


整骨・接骨ランキング


整体ランキング


スポーツジムランキング