テーマ:
AKB48には、そのグループ名に因んで、A・K・B・4の4つのチームがある。この4つのチームがそれぞれ劇場公演を行っている。しかしこれとは別にチーム8と云うのがあって、2014年に結成されたのだが、このスポンサーと云うのがトヨタなのである。あの「世界のトヨタ」がアイドルグループをやっているのだ。47都道府県の代表者各1名、合計47名で構成されている。

8のテーマ曲とでも云うべき「47の素敵な街へ」の一節に「大好きな車に乗ってわくわくする分近くなる」と云うものがあるが、これはトヨタがスポンサーに付いていることを多分に意識した表現であるわけだ。トヨタとしては若者のクルマ離れ対策と云うのを念頭に置いているのは間違いない。

ただ、8のファン層はやっぱり50代中心、どうかすると他のAKBファンよりも高齢かもしれないわけで、当初の狙いとの齟齬をきたしている可能性を感じる。

8のメンバー選考に関しては地元テレビ局が中心になって行われるなど、AKB運営色が薄く、最初から地元密着志向が強い。地元のトヨタディーラーの他、もっと公共色の強いイヴェントにも頻繁に参加している。


トヨタ及びトヨタ製品のイメージアップ、地域のイメージアップに積極的に関与する特性上、8のメンバーには一定の清純性が求められる。したがって脱ぎまくるAKBでは異例なことに水着NGだったし、基本黒髪で、茶髪のメンバーも居ないことは無かったけれども、暗めのトーンに収めていた。

ところがここにきて水着解禁が本格化し始めた。


更にはまだ高校生のメンバーが、がっつりと茶髪にする事案が発生した。
http://akb48taimuzu.livedoor.biz/archives/52944318.html

通常なら別に大騒ぎするような類のものではない。渡辺麻友のように人気があって、グループを象徴するような存在とは程遠いメンバーだ。しかし末端に近い一人のメンバーの行状であっても、注目せざるを得ない事情があった。

昨年12月に発表された新組閣で、8のメンバーが全員、AKB本体の4つのチームに配属されることが明らかになっていた。しかも新チームAのキャプテンには8茨城県代表の岡部麟が就任することになった。8の活動は今までどおり、と云うことにはなっていたのだが、本体のチームのキャプテンが務まる位なのだから、8独自活動の比重が低下するであろうことは見え見えだった。それがあってのこのような異変であるから、年度末でのトヨタ撤退は堅そうだなと思わざるを得ない。焦点はそこで解散するのか、それとも大幅に縮小しても活動を続けるのか、と云ったところだろうか。

8はAKBでは絶えて久しいハコ推しのあるチームだから存続させて損はないが、欠員が生じた際にどうするのか、ここが一番の問題になるだろう。今までは都度オーディションを開催して欠員を補っていたが、それはきちんとした待遇や活動が保障されていたからこそでもあり、無論、トヨタの威光あってのものであった。日本全国を股に掛けるとなると非常に金の掛かるものとなるだけに、トヨタ抜きで支えるのは至難の業だろうなと思う。

AD
いいね!した人

ケイタロ胃弱りーぬさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。