パーツ工房RESET

パーツ工房RESET

パーツ工房RESETの作業内容紹介です。

旧軽規格のボディーカバーの安価な物はありません。お金のある方は、数万だして専用のボディーカバーを購入された方が
絶対いいです。しかし、5台分とかボディーカバーを用意しなければならないのは大変です。
以前から、現在の650規格の軽の物を買って無理やり被せていたのですが風が吹くとすぐ飛んでしまいます。
今まではあまった生地をリアの角で束ねて結んで何とか合わせていたのですが、どうも不恰好なのと風に弱いという
欠点がありました。
 以前に新調したボディーカバー強風で飛ばされ破れてしまった事があったのですが、生地がしっかりしているので、駄目もとで
接着剤とテープで補修したらこれがまぁまぁの出来で、これなら最初から車に合わせてしまえば・・と思いつきました。
ベースのボディカバーは、ヤ〇ーショッピングで 裏起毛 軽自動車 ボディーカバー で検索してみつけたのが、送料込
3400円!の物です。
 下の画像は、ボディカバーを加工せずにそのまま、R-2に被せた状態です。
 

上記の状態の物の生地のたるみを、中心に寄せます。
そこで、あまった生地を折り込んで現車サイズに合わせます。
合わせ目をG17で塗りこんで貼り付けて完了です。
リアもだぶついていたので、たるみを折り込んで接着してだぶ付きを取りました。
・・・で完成がこんな感じです。中心部をナイロンロープでボディ事縛ってしまうと風にも強いです。
但し、生地の重なった部分は通気性は悪いです。3400円+G17(500円)で専用ボディカバーが出来れば、まぁまぁでしょう。
耐久性はどうなのか分かりませんが・・・。後日接着の弱い所を補修すれば持ちも良くなると思います。
 ただ、安価な裏起毛のボディカバーは、レビューを見てから購入された方がいいです。以前の物は3ヶ月ほどでボディーカバーの表面が
ボロボロになり廃棄したことも御座います。