ご訪問ありがとうございます♡

空間デザイナー・Satokoです。 

はじめてお越しくださった方はぜひご覧くださいね^^  ☞ ★自己紹介

 

いよいよ8月となりました。

 

2019年も、残りの方が少なくなったということあせるあせるあせる

 

ますます汗が出てくるわ笑い泣き

 

 

与えられた空間が正解?「そこに住む人」が主役です

 

 

8月後半には、

インテリアコーディネート以外、設計も関わらせていただいた新築戸建住宅・名古屋市のH様邸が完成を迎えます。

 

現場では酷暑の中、内装工事が急ピッチで進んでいますビックリマーク

 

こちらでも、奥様が家事をしやすいように工夫しておりますウインク

 

一方。

 

リフォームのご相談をいただき、築30~20年というお宅へお邪魔することが度々あるわけですが

 

毎度感じることは、

 

現代の私達のライフスタイルにマッチした間取りではない

 

ということ。

 

特に、奥様にとって笑い泣き

 

 

それから、

 

建売住宅やマンションの間取りも、ファミリー向けに考えられているので、

 

子育て期が終わったご家族にとって、暮らしやすい状態ではない

 

ということ。

 

30年前の暮らしと、現在の暮らしは同じですか・・・?

 

ご家族構成は全く変わっていませんか・・・?

 

もし「No!」であれば、住まいは

 

今、そして今後のライフスタイルに合わせて変わる必要があるはずです。

 

 

動線・収納・インテリアが鍵

 

 

子育てが一段落した女性。

 

子供や家族に合わせて生きてきたけど、これからはもっと伸び伸びと自分らしい生き方がしたい。

 

そう思っている方は多いと思います。

 

私も50歳になったころから強く思うようになりました。

 

イキイキと自分のチカラを発揮するためには、

ベースである住まいの存在は無視できません。


そのために。


家事は無くならないけど、それに係る時間は短縮したい。

 

健康を維持するためにも、楽しく快適に料理をつくりたい。

 

オシャレ心を無くさないためにも、自分にぴったりのワードローブが揃った美しいクローゼットが理想的。

 

 

実現させるためのポイントは、住まいの中の動線・収納です。

 

それが整ってこそ、自分好みのインテリアが創れ、毎日の暮らしが輝きを放つのです。

 

 

 

 

 

画一的なマンションの間取り

 

新築マンションの販売が伸び悩んでいるそうです。

 

そろそろ多くの人達が気付き始めたのでしょうか…?


それはともかく

マンション購入について知人から相談されると、

新築マンションより中古マンションを勧めています。

 

理由は

 

最大公約数的な間取り空間を、モデルルームの維持費や莫大な宣伝広告費がのっかった価格で販売される

新築マンションに魅力を感じないからです。

 

私達はそれぞれに違う価値観・家族・ライフスタイルで生きています。

 

ひとつひとつ違う暮らしを、画一的な間取りの中に押し込めれば

ストレスが生まれるのも当然です。

 

 

 

例えばこんな動線

 

私の場合、

 

中古マンションを購入して、自分の暮らしに合った空間にしようとしたら…

 

こうなりました↓

 

 

 

美しく暮らしたい。

誰もがそう願っています。


散らからないようにキレイにしよう!

 

・・・なんて、

 

ワタシ、何度誓って、何度その誓いを破ってきたことでしょう笑

 

だから、そうならないような動線をつくりました。

 

Entranceから、赤い矢印がゲストの動線青い矢印が家人のものです。

 

 

 

 

ベルつづくベル

 

 

 

只今ご案内中のイベント


【第2回 住まい家電の最新テクノロジーを体験しよう!@Pnasonic 名古屋SR】

 

<日時>9月3日(火)10:00〜13:00

<料金> 無料

<場所> パナソニック名古屋リビングショールーム (名古屋市中村区南2-7-55)

<定員> 5名

 

大好評だった第1回目!またまた企画いたしました^^

10年ほっておいてもキレイなレンジフード、自動調理が出来るIHコンロのグリル、部屋干しの洗濯物をナノイーの働きで

カラっと乾かす小型乾燥機、留守でも受け取れる宅配ボックス・・・

住まい家電のテクノロジーは知らない間にここまで進化しています。

これって知っておいても損は無いはず!

Satokoと一緒に体験してみませんか?

IHクッキングヒーターを使ったお料理も体験いたします。

グリルを活用してつくるローストビーフ等のお味を確かめてみましょう!

 

お申込みはこちらまで ☞  info@pa-du-due

 

音譜前回の様子はこちら音譜