ご訪問ありがとうございます♪

空間デザイナー・Satokoです。 

はじめてお越しくださった方はぜひご覧くださいね^^  ☞ ★自己紹介

 

賃貸マンションに住んでいるHさま。

今より広くて、利便性の良い場所へと引っ越しを決断されました。

 

次も賃貸なのですが

 

なんと大家さんから。

 

築年数が古いこともあるし、お部屋を改装しても良いとの許可が!

 

改善したいところはたくさんあるけど、予算はある。

 

入居前にどうしてもやりたいことに優先順位をつけて決行する運びとなりました。

 

①LDKの床貼

②玄関ホールの床貼

③大量の靴と本を収納するスペースが欲しい

④洗面脱衣室の改装

⑤建具の取り替え

⑥建具のレバーハンドル取り替え

 

さてどれだけできるかな・・・

 

 

洗面脱衣室のリフォームを決行!

 

上記①と②、そして③のハードルはそれほど高くありません。

 

それらに比べてちょっと面倒なのが、水周りの改装。

 

今回は洗面室がターゲットです。

 

オシャレ&低予算がマスト上差し

 

 

不動産情報に掲載されていた洗面台。

キレイに見えますが、実際にみるとそれなりの使用感があるものです。。。

 

壁と壁に挟まれて、なんだか中途半端なスペースが空いているのも気になります。

 

壁~壁の寸法は96㎝でした。

 

通常の洗面台ユニットの規格寸は、幅60㎝、75㎝、90㎝、次はメーカーによっては1m、1.2m・・・となっていきます。

 

1mは入らないし、90㎝でもいやーな隙間が出来てしまいますあせる

 

 

 

設備メーカーのユニット製品に頼らない
 
大容量の収納が出来るユニット製品は確かに魅力的ですが
 
中途半端な隙間が出来てしまうくらいならいっそあきらめて、
 
カウンターに洗面ボールと水栓金具を取り付けるだけの、いたってシンプルスタイルの方が潔い。
 
お客様と合意できたので、いざ決行ですグッド!
 
 

 

さぁ取り外していきますよ!

 

 

木工事&塗装工事 
 
洗面カウンターの素材(仕上)にはいろいろあります。
 
現実的なのは、人工大理石、タイル、メラミン。。。
 
でも今回は工期も予算かけられません。
 
そんな場合は・・・
 
 
ホームセンターでも手軽に購入できる「集成材」真顔
 
今回は厚み25mmのパインの集成材を使用しました。
 

 

 
大工さんに取り付けてもらった後は、塗装です。
 
水性塗料ですが、保護となるクリアを2回塗り重ねて塗膜をつくってあります。
 

 

 

塗装完了上差し

 

一晩、そのままにして十分乾かします。

 

 

水道設備工事
 
お引越しまであと3日。
 
急いで発注し、工事のその日に現場で受け取るというスリリングな状況で
 
洗面ボールや水栓金具、ミラーボックスやタオル掛けをGETグッド!

 

 

 

 

さぁ、お願いしますっ。

 

 

ってことで、まずは・・・

 

 
ミラーから。
 

 

 

 

 

 
次にホルソーをつかってカウンターに穴を開けます。
 
排水と給水給湯のための配管スペースをつくるためです。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
取付完了グッド!
 

 

内装工事
 
さて最後の工程です。
 
 
 
LDKの床を貼り終えた内装やさん。
 
暑いっ。
 
 
さてさて・・・
 
 
 
あとは巾木をつけたら完成です乙女のトキメキ
 

 

 

 

 

 

 

完成~ベル

 

 

カウンター下は、ごみ箱や、ちょっとした収納ケースなんか入れて

カスタマイズしていただきましょう。

 

今回の洗面所リフォームは、

 

★既設洗面台取外し撤去・処分

★木製カウンター取付

★カウンター塗装

★洗面ボール・水栓金具・ミラーボックス・タオルハンガーと、

 上記、取付&配管接続

★壁と建具:クロス貼替/床:CF貼増し/ソフト巾木貼替

 

で、概ね¥250,000ほど。

 

大特急で、①から④まで完了しました。

 

⑤と⑥は、暮らしながらゆっくり考えていただきましょうウインク

 

 

 

 

新生活を楽しんでくださいねブーケ2