ご訪問ありがとうございます♪

空間デザイナー・Satokoです。 

はじめてお越しくださった方はぜひご覧くださいね^^  ☞ ★自己紹介

 

いよいよ梅雨シーズンがスタートしたようです。

 

なんとなくすっきりしませんが、これも日本特有の愛すべきシーズン雨雨雨

 

一年という時間で考えれば、全体の12分の1くらいでしょ?

 

鬱陶しがらずにさらりと過ごしたいものですウインク

 

 

とはいえ。

 

外部仕事がメインの現場は進みが悪くなり、「ちっムキー」と感じちゃうこともあって、

 

笑い泣き笑い泣き笑い泣き・・・の日々です。

 

 

 

新築よりリノベーションのほうが満足度が高い・・・?!
 

住まいづくりをするにあたっては、新築なのか、リフォームなのか、

 

シチュエーションは分かれます。

 

比べるものでもないかもしれませんがデレデレ

 

これは私の感覚なのですが。

 

一般的に、

 

リノベーションの方が、新築を経験した人たちより

 

高い満足度を得られた確率が高いかもしれません。。。

 

 

 

それは何故か。

 

新築とリノベーションの特性を比べてみましょう。

 

 

 

新築はイメージ力が要!
 

 

住まいの新築を何度も経験している方などそんなにいるものではありません。

 

殆んどのお客様が、言葉は辛らつですが家づくりに関しては「素人」です。

 

新築は、ゼロからスタートする行為です。

 

間取り図を見せられたってスケール感も曖昧だし、

 

特に女性にとっては3次元で空間をとらえるのは至難の業あせる

 

その上、決めることの絶対数がとてつもなく多い。

 

膨大な数の決め事を

 

どのようなプロの方々と決定しながら、マイホームを共創していくのかで、

 

結果は明暗を分けるのかもしれません。

 

 

 

経験の無いことだから

 

設計士や施工会社、インテリアコーディネーター、いわゆる家づくりに関わるプロ達の

 

「先達」の力量が結果に大きく影響してくる傾向があるのです。

 

とはいえ。

 

なんといっても人生最大ともいえるビッグプロジェクト!

 

新居が完成したら、そこでどんな暮らしがしたいのかを考え、

 

思考をフル回転させ、信頼できるプロの方々に相談しながら、悔いのない家づくりを。

 

迷ったり、苦労したりした分、完成した時の感動は忘れられないものとなりますキラキラ

 

 

 

リノベーションの強み
 

現在住んでいるところをリノベーションする場合、

 

「良いところ」と「悪いところ(問題点)」を、お客様がはっきり認識していらっしゃいます。

 

ここがリノベの強みです。

 

 

「ここがこうだったら、とても動きやすいのに」

 

とか、

 

「ここにこういうモノがあったら便利なのに」

 

などなど。

 

日頃から使い慣れ、動きなれている空間です。

 

新築の場合はお客様に対してアドバイスが多くなりますが、

 

リノベーションの場合、お客様の意見をまず最優先に考えることにしています。

 

私より、住み手であるお客様の方が問題点を的確にとらえていらっしゃるからです。

 

 

 

 

問題点が明確だから、それを改善すれば良いわけでグッド!

 

但しこの場合でも

 

出来ることと、出来ないことがあります。 ※たとえばマンションの場合

 

出来たとしても、コスパが悪い、というケースもあります。

 

そこはしっかりプロがいう理由を聞いてくださいね。

 

納得した上で打開策を探りましょう!

 

 

私自身のマンションリノベーションは、自分が住んでいたところではありませんでしたが、

 

幸いこの仕事を生業としてるから

 

中古マンションを購入するにあたり、

 

不動産情報で流れてくる間取りを見ているだけで、自分の望むライフスタイルが実現しやすい物件かどうかを

 

見極めることができました真顔

 

 

次回は、

 

どのようにして我が家の間取りプランをつくったのかをお伝えしますねウインク

 

 

image