ご訪問ありがとうございます♡

空間デザイナー・Satokoです。 

はじめてお越しくださった方はぜひご覧くださいね ☞ ★自己紹介

 

 
ミドルエイジの女性たち
 
 
ミドルエイジって、

英語の辞書によると、ほとんどが40~60歳となっているようです。

辞書によっては65歳まで。

シニア世代の手前というイメージでしょうか。
 
すると私もミドルエイジ
ギリギリだけど(シニア寄り)笑
 
女性でいうと子育てが終わって
子供達が自分のもとから巣立っていき、
家族構成の変化によって暮らし方も変わる世代。
 
この頃、女性特有のカラダの不調が出たりして。
 
また、親を含めた家族の介護がひたひたとしのびよってくる。
 
将来に対する漠然とした不安、
暮らしやカラダの変化に対応しながら
改めて、生きる喜びや自分の使命について
考えさせられる時期といいましょうか・・・。

 

 
とはいえ昨今は。
 
仕事をはじめ何かしら社会との繋がりを持っている女性が多いですよね!
私の周りの多くの女性たちも、前向きでパワフル!
そんな友人たちにいつも刺激をいただいています。
 
人生100年と言われはじめています。
 
次のステージを穏やかで充実したものにするために、
まだまだ気力も体力も残っているミドルエイジ世代にベースを作っておくべきだと感じています。
 
 
 
ステキなミドルエイジウーマン 末武裕子さま

 

 

 


エメラルドブルーのワンピースがとてもお似合いの末武裕子さま。

 
 
ラジオのパーソナリティーや、
話し方レッスンの講師をつとめられる才能豊かでステキなミドルエイジの女性ですラブラブ
 
 
この度、ご自宅である鉄骨二階建住宅・
キッチン&ダイニング部分のリノベーション工事のご依頼を頂戴いたしました。
 
 

 

 

 

 

打ち合わせの初期段階の様子。

 

イメージをスクラップしておみえでした。

 

私たちにわかりやすように。

 

と同時に、

 

ご自分でもイメージをつくりやすいという

メリットがありますね。

 

家づくりの際に

ぜひおススメしたいですウインク

 

 

 

 

 

 食空間コーディネーターの資格もお持ちな裕子さま。
 
お茶を出していただく際にはいつもキュンキュンラブラブ
 
 

 

キッチンをリフォームする理由とは

 

裕子さんが長年、使われてきたキッチンです。

 

 

 

 

 

 

もう既に、独立しておられる息子さんと娘さんに

、ご主人に、そしてお義父様とお義母様に

料理を作り続けてきた場所。

 

 

 

もちろん、使えないわけではありません。
 
でも次のステージを考えた時に、
 
これは役目を終えたカタチであり、
 
この先家族以外でも
美味しい顔、
笑顔が溢れる場所であっても良いのではないかと思われたとのこと。
 

 

キッチンが違う役目を担って

 

再び活躍するスペースに。

 

 

 

 

食器や料理道具。

 

思い出いっぱいのものたちと決別し、

 

 さぁ、リフォームのスタートです!
 
 
キラキラつづくキラキラ