ご新築計画がいよいよ具体的に動き始めたY様。
 
昨日は設計プランのための初回ヒアリングでした。
 
ご夫婦でこつこつと準備されてきた資料を
建築家、工務店、コーディネーター全員で共有します。
 
 
 
 
お家の中の花形といえば「キッチン」。
 
Y様がショールームをめぐって「これだ!」と思われたのが
 
 
※LIXIL WEBサイトより引用させていただきました
 
LIXILのリシェルファインクラフトシリーズ グレーズグレーのキッチン。
インダストリアルなインテリアにぴったりのかっこよさですね!
 
 
 
さて、キッチンについてのご希望の中に
 
「冷蔵庫をLD側からみえないようにしたい」という事項もありました。
 
このご希望はY様に限らず、度々あるものです。
 
以前にデザインさせていただいた名古屋市のS様。
冷蔵庫はパントリーの中に隠れています^^
 
 
そのほか
 
常套手段はこのレイアウト。
 
 
 
 
※LIXIL WEBサイトより引用させていただきました

 

確かに見えませんね^^

 

 

 

内側にまわってみると・・・

 

 

 

☝ ほらあった!

 

 

ここで少し気になるのが、調理をするときの動線です。

 

 

 

・・・とされています。

このことをふまえて、

 

一般的には

 

① 冷蔵庫から食材を取り出す

下矢印

② シンクで洗う

下矢印

③ 調理スペースで切る

下矢印

④ コンロで味付けをして仕上げる

 

なので、冷蔵庫の位置は

コンロよりも、シンクに近くなります。

 

だけど、この場合コンロの横ですよねあせる

 

 

だったらこのレイアウトはNGなのでしょうか・・・汗

 

 

 

 

一概には言えませんよね照れ

 

ただし。

 

「ダイニング・リビング側から見えないようにしたい!」

という思いだけを先行させるのではなく、

 

「こういう動きになる」

 

を、お客様に伝えることが私達の使命ウインク

 

 

そのうえで、

 

優先順位の高いほうを選択すれば良いと思います。

 

冷蔵庫の中から出すものが、

シンクで下準備をするものばかりとは限りません。

 

ちなみに私は醤油とか白ワインとか、

味付けに使うものも冷蔵庫に入れてるし。

残ったお惣菜を温め直すことだってあるし。。。

 

料理のオペレーションを工夫してみるのもひとつですよね!

 

たとえば。

 

買い物をしてきたら、

ある程度下ごしらえをしてから冷蔵庫に保管するとか。

そうしたら、コンロに近い方がスムーズですしねグッド!

 

とにもかくにも

レイアウトを決めるときには

そこでの動き方を必ずシュミレーションしてみる。

 

そのうえで、ひとつひとつ決めていきましょう。

 

次回の打ち合わせは一月後。

プランの完成が楽しみです!