Super Sport950 デビューしました❗️&試乗しました❗️ | PADDOCK×ドカログ

PADDOCK×ドカログ

静岡の真ん中、焼津市のパドックでイタリアのDUCATIを販売しています株式会社モト・グラッツェです!

みなさんおはようございます Ducatiセールスあおしま です

 

今日はとても強い雨が降るようですね

少し落ち着きを取り戻しつつありますので久々に投稿させて頂きます

もちろんネタはこの車両、、

 

5月29日に待望のニューモデル Super Sport950 がデビューとなりました!

 

試乗車として登録されたSuper Sport950Sです、より精悍な顔つきに代わりカウリングデザインも刷新

前評判や予注数もトップモデルです!

 

法改正により待望の〝デイタイムランニングライト″ DRL を搭載!

眉毛?とも称されますこのライト、協力な発光を致します!きゃーカッコいい!

実はヘッドライト点灯時はLOW HI ともに両眼点灯!これもユーザー様たちからもポイント高い点です(片目は結構言われますので)
登録後ナンバーをくっつけて乗ってみました、気になる乗り味は…

 

まずエンジン、スペック表を見ても驚くことに変更はなし 950エンジンのペットネームからしてチューニングされているのかと思ったのですが特段変更はなし ですけども

939比較で

出だしの不安感や気難しい低回転の希薄な印象は全くなくて至って意識せずに発進→走行出来ます

巡航回転域でのトルクの使用領域が広いといいますか…?コントロールしやすくて、いい意味で

「これってDUCATI????」と感じざるを得ませんでした。

3500rpm ~ トルクの80% を使用出来ます、何をどうしたらこう味付けを変えられるのでしょうか?

 

そしてそこからの吹け上がりはトルクを維持したままドカティツインの「強い牽引力」「疾走感」この二つが最大に体感できました!

リラックスしてDucatiを楽しめるいいフィーリングです

 

そしてそこからのブレーキング→サスペンションの踏ん張り、こちらは変更はなし

ただし性能はやはりオーリンズ、ブレーキング時のドシっと受け止めてくれる安心感はとても高いです

 

ブレーキキャリパーはブレンボM.432モノブロックキャリパー&320mmディスクローターの組み合わせです

ブレーキ周りの変更点はマスターシリンダーがセルフブリーディング式へと変更となりました。

 

油圧化しましたクラッチ系統、こちらもブレーキと同様のセルフブリーディングタイプとなります。

というかそもそもセルフブリーディングってなに?それは

マスタータンクに繋がるホースニップルが上面に設置されてマスター内にエア溜まりを起こさずタンク側にエアガ排出されやすくなっております。排熱によりスポンジーになりやすかった液圧系統の弱点がなくなりましたね。

 

ヘッドライト変更に合わせてカウリングデザインも変更、エアの取り入れ口が追加されています

こちら側に出口がございます、走行風を流すことによってエンジン熱をライダーに当たりにくくしていますね

割りに熱かったSSですからメーカーはキチンとした仕事をしてきていますね

立体的なカウルの造形は流石Ducati

メーターはLCDモノクロ液晶からTFTフルカラーへと変更になりました

やや操作方法が変更、燃料ゲージも表示変更機能が追加となりました。

キーデザイン変更になりました、シンプルです

ミラー変更、取り付けボルト位置が変わりました、格納時に動かすとすごく硬くなってます

防振対策か!?と期待しましたが…試乗後は、、、SSらしい感じがしました

シートのフォーム材の変更、しっかりとしてますのでライディングしやすかったです

疲労感軽減にもなっているとも思いました

じっくり見てみると変更点が意外と多いですね

まだWhiteは入荷待ちでございますが RED は試乗して頂くことが可能です、気になったりご検討中の方は

ご遠慮なく仰ってください♪

 

ではまた

 

 

Ducatiセールス 青島

--------------------------------

PADDOCK 

TEL / 054-623-8109

mail / mail@8109.tv

LINE/ @zrp5909w

--------------------------------