こんにちわ。
paddle(パドル) つちたはるみです。

今回の記事は「家作り」を考えている皆さんとの研究テーマの話です。

無事
おうちのカタチ研究室がスタートし初動画・そして2本目も配信できました。

初めてにして一発撮り!(笑)
多少ドキドキしていた感もありましたが上出来と自分にOK出しました(^^♪
2本目はショートバージョン、通勤時間やちょっとしたスキマ時間にどうぞ!
皆さんからどんな反応があるのか?
 

さっそく、

「見たよ~~」
「どんな事これからしていくの?」

「どうやったら研究員になれるの?」

と、お問い合わせいただきありがとうございます。


「どんな事をこれからしていくの?」の

お答えに

「幸せな」家作りを実践するための
コミュニケーション力UP研究があります。

家作りはたくさんの人とのコミュニケーションの中に存在します。
一緒に暮らす人、家を設計する人、施工する人、お金の相談、引越し、インテリア、
本当に多くの人が関わっています。

今、ここに無いモノをカタチにしていく作業ですので、

例えば
一緒に暮らす人との間では
お互いの「ああしたい」「こうしたい」を言葉に出し合わなければなりません。

偶然にも意見があえばラッキー♡

現実は

大抵、違います。

「どんなに大好きなご主人でも、相手のインテリアの好みまで好きとは限りません」


つちたの経験値によれば、、、違う方が多い(笑)
たま~にいらっしゃいますよ、好きなスタイルが合っているご夫婦
「オーすごいなぁ、、」なんて羨望のまなざしです。。。わたくし。


「違って当たり前」

 

だから

自分の好きと相手の好き

うっすら重なり合う部分を探す作業が必要です。


そこで必要になってくるのが

「コミュニケーション力」


今回例にあげたのはご夫婦間でしたが
先にも書いたとおり「家作り」は
たくさんの人とのコミュニケーションの中に存在します。

ですが、今までの「家作り」のいわゆる指南書には
このコミュニケーションにふれているものをあまり見たことがありません。

一緒に暮らす人との違い
お客様側と、設計、施工する人との「当たり前の範囲」「○○あるべき」「こうしてほしい」のラインの違い

 

 
人は違って当たり前です。
 
察してよ、プロなんだから、、、という思いを持つ方もいると思います。
甘いと言われるかもしれませんが、私は設計、施工する側で働いて、
お客様に不利な事をしようなどと思う人に会ったことはありません。

ですが、行き違いやトラブルは発生します。
希望する設計や設備などが、さまざまな条件によって実現できない個所が生じます。

だからこそ
「家作り」に関わる人々とのコミュニケーション力UPを研究していきたいと思っているのです。

お互いの「こうしたい」「○○あるべき」「立場」を戦わせるVSではなく、
コミュニケーション力を研究して技術を身に着け
「対話」することによって、この正解のない「家作り」の共犯者として進めていければ良いなぁと思うのです。

VSではなく共犯

ちょっと自分の好きとは違うけど、、、こうしたいって希望してたんだけど、
でもね、たくさん相談して、意見を交わして
「うん、いいよね。。100%じゃないけどね(笑)」ってお互いが納得できると
この先、この家と暮らしていく日々が幸せだと思うのです。

そして、
そうして出来た家を愛しもっと自分たちの生活に合わせて育てていってほししという思いもあります。

コミュニケーションの方法も一つではなく
どんな方法があるのか?
どんなパターンが良いのか?
どんなツールを使えば効果的か?

「おうちのカタチ研究室」のメンバーと参加してくださるグループメンバーと共に
一緒に研究して作り上げていきましょう。

 
おうちのカタチ研究室 これからの家作りを一緒に考えていくグループメンバー募集しています。
ぜひ!!!!♪




おうちのカタチ研究室

 



 


                 

                     

                                
                                 paddle くらしのかたち設計室

 

 

 

お部屋の模様替えを考えています。
インテリアの相談
モノを整理したいのに進みません。

など
聞いてみたい、アドバイスがほしい、困ってます
ご連絡ください。

お申込みはこちら

 <お問い合わせフォームはこちら>
 

 

 

                         にほんブログ村 住まいブログへ
                         にほんブログ村