2008-07-03 22:21:36

ひぐらしのなく頃に舞台探訪・興宮小グラウンド・鹿骨市興宮町編

テーマ:【舞台探訪・ひぐらしのなく頃に】

こんばんはー!

今日は以前やりかけだった「ひぐらしのく頃に」の舞台探訪の続きをやります。

写真自体は2週間前に撮ったものですが、アップする機会を逸しておりました。

これまでにエンジェルモートや、綿流し編で部活が行われたおもちゃ屋をアップしましたが、


今回紹介しますのは、祟殺し編の「興宮小グラウンド」。

あの「県立大島のエース左腕の亀田くん」との対決があった場所です。







上がゲーム画面、下が写真。

ここでは『雛見沢ファイターズ(と部活メンバー) 対 興宮タイタンズ』の試合が行われていたのですが、
そこにケンカと勘違いした圭一がゴルフクラブを持って駆けつけますw



ちょっと写真をゲーム画面ぽくしましたが・・・、うーん、まだいろいろと違いますね。




ここが「興宮小グラウンド」。実際の正式名称は「江戸川区臨海球場」の、小さいほうのグラウンド。
駅は西葛西が一番近いですね
(詩音のボディガード的なことをしてた「葛西さん」は恐らくここからとったと思われます)。






甲子園ピッチャー亀田くんを相手になすすべも無く討ち取られる雛見沢ファイターズ。

しかし沙都子の作戦と圭一の話術により亀田くんを買収することに成功。

見事勝利を収める。

その後圭一と亀田くんはエンジェルモートでデザートを食い散らかすことになります。

ちなみにここからエンジェルモートのモデルになった場所までは徒歩3分の距離。




これもちょっとゲームっぽく。




この江戸川区臨海球場までは自転車で行ったのですが、

この後ひぐらしに何度も出てくる地名、
「鹿骨市」「興宮町」の地名の由来になった町が同じ江戸川区にあると知り、
そのまま自転車で行ってみました。





ひぐらしに出てくる「興宮」は、「鹿骨市興宮」のことで、
雛見沢も作中では「鹿骨市雛見沢」という住所になっています。

その地名の由来となったのは江戸川区の『鹿骨町』と『興宮町』。
読みも漢字も同じ、こんな珍しい名前の町が、しかも隣り合っている。
ここで間違いないでしょうね。




鹿骨町には特にひぐらしと関係あるものは地名以外にありませんでしたが、
せっかくなので近くの「鹿島神社」へ行ってみました。





興宮町に着いたのはけっこう日が暮れてからでした。

ここって街灯が少ないから夜は暗がりが多いんですよ。
路地が多いし人もまばらだし静かだし。

なんかこういうの見てると作中の世界に入り込んだような錯覚に陥りますね。





興宮神社にも行きました。
帰りの無事を祈ろうとお賽銭入れようと思ったのですが、賽銭箱がありませんでした。
もったいない、どこかの貧乏巫女が知ったらどんな顔するか・・・。




ひぐらしの舞台探訪はこれで終わりです。

次の舞台探訪は・・・・・たぶん空の境界だと思います。

空の境界は実際の場所をかなり使ってますからね、少しずつですが舞台訪問してこようかと。

キャプは2章まで用意できてるし、判明しているところから暇を見つけて行ってみますよ。


今日はこんな感じで。

明日は夕方からバイトなのでそれまでには更新したいですね。

それではまた明日('-^*)/

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

よしさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

6 ■聖地すげー

やべー興宮も鹿骨も、うちの近所だわ(南小岩在住)
昭和58年6月生まれだし、なんかこのゲームには縁を感じる
感動

5 ■ちなみに

宇喜田ってのも出てきますね。西葛西にやや近いです。

4 ■5ヶ月も経ってからですんません

ちなみに谷河内も江戸川区の地名です

3 ■無題

夏の雛見沢はオタ魂が燃えるなー
しかし観光にはちと遠い…ショボンヌ。
さて、次のうpお待ちしてます!

2 ■無題

ひぐらしをプレイしている気分になりますた(;^ω^A

1 ■すげー

羨ましい(*´Д`)=з

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。