「おかげさま」の気持ちを忘れない。 | 「自分のままで"養護教諭"になる」柏木むつき/YOUKYOUカフェ主宰【関東/関西】

「自分のままで"養護教諭"になる」柏木むつき/YOUKYOUカフェ主宰【関東/関西】

一度きりの人生、本当に「自分」の人生を生きているのか…
考えたことはありますか?
「遠慮しない」未来を描き、
"自分"に還る方法、一緒に考えてみませんか♡


テーマ:

いつもご覧いただき、ありがとうございますピンクハート

 

ぱちここと柏木むつきです。

(初めましての方はこちらこちらをどうぞ)

(YOUKYOUカフェに込めた想いはこちらです)

 

今日から仕事始めの方も多いと思います。

(シフトで動いている方は、年末年始も関係ない方もいらっしゃるとは思いますが…)

そんな年始の今日、

ついつい、忘れがちですが忘れてはいけないなーと思うことを記事にしたいと思います。

自分自身の備忘録も兼ねて…。

 

 

年末年始に外出していたのですが、

公共交通機関は当たり前のように動いていましたし、

タクシーもあちこちで見かけました。

コンビニやスーパーが開いていましたし、

レストランも開いているところもありました。

 

早めに閉まったり、

元日は休日であったりしても

2日からは百貨店なども開いているところが多かったですよね。

 

これって当たり前なのですが、

全部「誰か」が働いてくれているから。

誰かのおかげ、おかげさまなんだなぁ…とつくづく実感しました。

 

多くの人が楽しみにしている年始のバーゲンだって、

店員さんが休みを返上して働いてくださっているおかげです。

毎年ニュースになる年末年始の新幹線や飛行機の混雑だって、

そもそも新幹線や飛行機が通常通り運航しているからです。

 

 

(大晦日に食べたパンケーキ🥞

働いてくださっている店員さんのおかげです。美味しかった〜)

 

 

「年末年始どこも休みでつまんないー」

「あそこのお店、夜は閉まってるんだって」

「○○は5日から営業らしいよ」

というようなことを軽々しく時に愚痴のように言う人がいるけれど

(実際私もそう思ってしまったことはあるけれど)、

そもそも「開いているのが当然」という考え自体、奢りだなぁ…と私は思うようになりました。

 

 

そう考えると例えば

「緊急時に病院に行く」

という行動一つとっても、

救急車であったりタクシーであったり

(家族や友人の車であったり)。

病院の受付の人、医師、看護師、薬剤師、医療事務…といった医療従事者であったり。

その他陰でたくさんの方々がいらっしゃるおかげで、緊急時の受診が可能なわけです。

本当にありがたいことです。

 

 

便利な世の中、快適な世の中に慣れてしまうと、

ついつい大事なことが見えにくくなってしまう。

人の性(さが)なのかもしれません。

 

 

だからこそ、

自分自身が働いていることにも必ず意味があって。

必ず誰かの役に立っていて。

 

そんな「自分」が働いているのは、

「自分」のおかげ、生きているおかげなわけで。

自分の意思とは関係なく、

心臓が休むことなく動いてくれているおかげなのですよね。

 

 

「おかげさま」

 

 

この気持ち、忘れてはいけない。

他人にはもちろん、自分に対しても忘れてはいけない。

 

改めてそう感じた年末年始のお休みでした。

 

 

 

 

絵馬YOUKYOUマルシェはこちらから。商品はこちらのサイトから購入できますハート

門松「自分」とゆっくりじっくり向き合うYOUKYOUプライベートカフェハート

お年玉文章に愛を込めたインスタグラムはこちらですハート

 

 

 

YOUKYOUカフェ♡柏木むつき(ぱちこ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス