「事実」をどうとらえるか、だけ。 | 「自分のままで"養護教諭"になる」柏木むつき/YOUKYOUカフェ主宰【関東/関西】

「自分のままで"養護教諭"になる」柏木むつき/YOUKYOUカフェ主宰【関東/関西】

一度きりの人生、本当に「自分」の人生を生きているのか…
考えたことはありますか?
「遠慮しない」未来を描き、
"自分"に還る方法、一緒に考えてみませんか♡


テーマ:

いつもご覧いただき、ありがとうございますピンクハート

 

ぱちここと柏木むつきです。

(初めましての方はこちらこちらをどうぞ)

(YOUKYOUカフェに込めた想いはこちらです)

 

 

木曜日。

久々に派手にこけました!!!

 

大学院に向かおうとして、

最寄り駅のホームに続くエスカレーターを歩いていたら…

エスカレーターの上で滑ってこけて、

そのままベルトコンベアーのようにエスカレーター上をスライドし、一番下まで落ちました。

コントみたいだった…

 

あまりの衝撃に一人で立ち上がれず、

優しいおじさまに「大丈夫!?」と言われ、

手を差し伸べられ、引っ張りあげられて何とか生還。

周りの目が…恥ずかしかった…。

そして、強打した左足が痛い…涙

 

 

ただ、大学院に到着して、

事務室の方と同期に事の顛末を話していたのですが…。

「その程度で済んで本当に良かったねー!」

ということで、落ち着きました。

 

そうなんです。

「その程度」だったと思えば良い話。

ものはとらえようだなって。

 

 

その①

その日は朝から雨。

家を出る直前まで薄い素材のワイドパンツを履いていたのですが、

「濡れるかもなー」

と思って生地の厚いデニムに履き替えたんです。

その結果、ケガの程度も打撲のみ。

デニムも破れていない。

 

その②

時間帯的に人が少ない時だったので、

エスカレーターには、

手を差し伸べてくださったおじさまだけしか乗っておらず。

しかも私が立っていた側ではなかったので、

おじさまにぶつかることもなく。

もちろん誰も巻き込むことなく済んだ。

(それもあって一人で上から下まで滑り落ちたわけですが…)

 

 

もしも、ワイドパンツのままで、

もしも、人の多い時間帯だったら。

もっと大ごとになっていたかもしれません。

自分のケガはともかく、誰かをケガさせてしまっていたかも。

 

そう考えると、

「あ~運が良かった!!!」

としか思わずにいられない。

 

「朝からこけるなんてついてない」

「ケガして足痛いし、最悪」

その部分だけ見ると、確かに残念な出来事ではありましたが、

「デニムに履き替えて良かった」

「誰も巻き込まなくて良かった」

「見知らぬおじさま、優しくて良かった…

(多分上から人が転がってきてびっくりしたと思います)

と思うと、私、運が味方してくれてたー!!と思えるのですよね。

 

 

毎日生きていれば、

嫌なことも悲しいことも沢山あります。

でもきっと、

目の前の「事実」の捉え方ひとつで、

そんな経験の中から何かを得たり学んだり。

そんなチャンスも含まれているかもしれない。

 

人生の転機って、

もしかしたら、ぱっと見では「良い出来事」ではないこともあると思います。

だからこそ、

日々の小さな出来事であっても自分がどうとらえるか。

そんな「心の筋トレ」の積み重ねが、

大きなチャンスをつかむことに繋がるのかもしれません。

 

 

とはいえ、

久々にお風呂で「しみるーーーーー!!!」と叫びました。

雨の日は今まで以上に気をつけようと思います。

トホホ。



 

 

ジンジャーブレッドマン12月は2周年記念♡YOUKYOUカフェwithタカトモハンコ!@大阪&東京です♪

(@東京のみ募集中です!)

クリスマスツリーYOUKYOUマルシェはこちらから。商品はこちらのサイトから購入できますハート

トナカイ「自分」とゆっくりじっくり向き合うYOUKYOUプライベートカフェハート

クリスマスベル文章に愛を込めたインスタグラムはこちらですハート

 

 

YOUKYOUカフェ♡柏木むつき(ぱちこ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス