逆転の発想で考えてみる。 | 「自分のままで"養護教諭"になる」柏木むつき/YOUKYOUカフェ主宰【関東/関西】

「自分のままで"養護教諭"になる」柏木むつき/YOUKYOUカフェ主宰【関東/関西】

一度きりの人生、本当に「自分」の人生を生きているのか…
考えたことはありますか?
「遠慮しない」未来を描き、
"自分"に還る方法、一緒に考えてみませんか♡

いつもご覧いただき、ありがとうございますラブラブ

 

ぱちこと柏木むつきです。

(初めましての方はこちらこちらをどうぞ)

(YOUKYOUカフェに込めた想いはこちらです)

 

自分自身の存在意義に悩んだとき。

自分の選択に迷ったとき。

そんな状況を打開するために時々使う思考法。

 

…それがタイトルにも書いた、

「逆転の発想で考えてみること」です。

 

例えば。

養護教諭時代に良くやっていたのは、

「もしも養護教諭がいなかったらこの仕事はどうすれば回るのだろう?」

ということ。

 

担任の先生の仕事かな?

学年の先生の仕事かな?

といった役割分担的なものはもちろん、

生徒への指導を行うのかな?

保護者への啓発を行うのかな?

地域の人を呼ぶと効果的かな?

学校医や学校薬剤師さんと協力する方が良いのかな?

といった方法論的な視点からも考えるようにしていました。

 

そうすることで、

「全部自分がやらないといけない」

という責任感や、

「これは養護教諭の仕事だから」

といった専門性の視点から一度解放されます。

 

そう、一度「枠」の外で自分の今している仕事を俯瞰してみるのです。

 

そうすると、

自分自身が本当にやらなければならないこと、

自分自身が養護教諭としてではなく「一人の人間」としてやりたいと思っていること、

周りの目を気にして引き受けていたこと…

そのようなことが目に見えて分かるようになります。

 

自分の価値観、

自分の既成概念、

学校という文化、

はたまたジェンダー的観点など…。

 

沢山の「枠」が自分をがんじがらめにしているという事実も見えてくるのですよね。

 

そこまで落とし込むことで、

初めて見えてくるのが、

「私はどうしたいのか」

「私はどう在りたいのか」

という「想い」。

 

ここを大事にせずないがしろにしていると…

いつか自分自身が苦しくなってしまう。

私はそう思うのです。

 

 

もしも今、

好きで就いたはずのお仕事で悩まれている場合は、

一度、逆転の発想で考えてみることをおススメします。

 

一人で向き合うのは限度がありますので、

そんなときほど

YOUKYOUカフェを頼ってくださいね^^

9月以降の先行案内はこちらからどうぞです。



 

 

ひまわり2「自分」とじっくり向き合って「想い」を明確にしたい方はYOUKYOUプライベートカフェ

 

文章に愛を込めたインスタグラムはこちらをクリックハート