「理想」は「理想状態」としてあるのではない。 | 「自分のままで"養護教諭"になる」柏木むつき/YOUKYOUカフェ主宰【関東/関西】

「自分のままで"養護教諭"になる」柏木むつき/YOUKYOUカフェ主宰【関東/関西】

一度きりの人生、本当に「自分」の人生を生きているのか…
考えたことはありますか?
「遠慮しない」未来を描き、
"自分"に還る方法、一緒に考えてみませんか♡


テーマ:

いつもご覧いただき、ありがとうございますラブラブ

 

ぱちこと柏木むつきです。

(初めましての方はこちらこちらをどうぞ)

(YOUKYOUカフェに込めた想いはこちらです)

 

 

24日(日)は一日、大学院の関係で参加しているプロジェクトの研究会。

全国の現役の先生方も参加してくださり、朝の9時から夜の6時前までぶっ通し。

休憩時間も各自で適宜、昼食の間もグループで話しながらの濃い一日。

 

 

 

さすがに帰宅後はヘロヘロになってしまいましたあせる

 

 

 

その中である先生が言っていた言葉。

 

「大人同士が格差付けしていたり、

誰かを差別していたり。

お互いの違いを認め合わなかったり、

閉鎖的な雰囲気が蔓延していたりする場所に職員室がなっていたとしたら。

そんな大人が教室で子どもたちに“教育”しているのだとしたら。

そんな学校で、子どもたちは安心して過ごせるでしょうか?

大人が安心できていない空間で、子どもたちが安心して過ごせるでしょうか?」

 

 

ずっとずっと私が伝えてきた、

「自分のままで“養護教諭”になる」

というYOUKYOUカフェの理念。

 

自分のままで、とは、

自分らしく、肩の力を抜いて、安心して、心から笑顔で…。

 

そんな想いを込めています。

 

プロフィールでも書きましたが、

「養護教諭が笑顔になれば、子どもが笑顔になる。
子どもが笑顔になれば、学校が変わる。
学校が変われば、社会が明るくなる。
社会が明るくなれば、世界は平和になる。」

私はそう考えて、YOUKYOUカフェを立ち上げました。

 

だから、先に挙げたある先生の言葉を聞いて、私はとっても背中を押されました。

 

大丈夫、時間はかかるけれど、伝えたいことを何度も何度も伝えていくことが大事だなって。

 

 

そして、私の所属するゼミの教授が語っていたこと。

「「理想」とは、理想状態としてあるのではなく、

その「理想」に向かって改善するプロセスの中にのみある」

 

そうだよねそうだよね、本当にそうだよね。

 

昨日の記事でも書いていたこと。

理想が遠いからうんざりするのではなく、

遠ければ遠いほどその道程をじっくり味わえば良いんだよね。

 

 

 

YOUKYOUカフェは、

“養護教諭”であるあなたが笑顔になることで、

子どもたちも、周りの大人たちも、みんなが笑顔になるための場所。

 

一歩ずつ、一歩ずつですよね^^

 

 

あじさい。YOUKYOUカフェ7月以降の先行案内はこちらです音符

あじさい。YOUKYOUプライベートカフェご希望の方はこちらです♡

 

 

文章に愛を込めたインスタグラムはこちらですルンルンこちらをクリック

 

YOUKYOUカフェ♡柏木むつき(ぱちこ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ