一人暮らしor単身メキシコ? | 「自分のままで"養護教諭"になる」柏木むつき/YOUKYOUカフェ主宰【関東/関西】

「自分のままで"養護教諭"になる」柏木むつき/YOUKYOUカフェ主宰【関東/関西】

一度きりの人生、本当に「自分」の人生を生きているのか…
考えたことはありますか?
「遠慮しない」未来を描き、
"自分"に還る方法、一緒に考えてみませんか♡


テーマ:

いつもご覧いただき、ありがとうございますラブラブ

 

ぱちこと柏木むつきです。

(初めましての方はこちらこちらをどうぞ)

(YOUKYOUカフェに込めた想いはこちらです)

 

 

先日のYOUKYOUカフェ@東京で出たとても興味深いお話。

 

参加者のSさんは常勤講師をしています。

「今回の教員採用試験も地元だけ受けるの?

他の自治体も受けないの?」

と聞いたところ、

「別に地元にこだわっていないんですけれど、

一人暮らし、無理なんですよね…」

とのこと(「無理」の中身はまた今度。また今度だらけだ…💦)

 

(ここで教員採用試験のシステムをちょこっとお話すると、

基本的に公立は地方自治体ごとの試験です(私立は別)。

そして、近畿・東海・九州…のように大体ブロックごとに試験日が同じなので、

近隣県でなければ複数受験も可能です)

 

 

しかし、私はそこであることを思い出します。

「え、でもSさん、

メキシコ、一人で行きますよね!?」

 

そうなんです、

Sさん帰国子女ということもありますが、

一人でメキシコに行くことができるんです!

ツアーとかでもなく。

(スペイン語もしゃべることできるしね(笑))

 

「メキシコは、いつも同じルートだし、

住んでいたことあるので大丈夫ですよー」

と笑顔で言うSさん以外は全員、

「えぇぇぇぇ!!

メキシコか一人暮らしかって言われたら、

一人暮らしの方がハードル低いよー!!」

とびっくり仰天です(笑)

 

そしてその反応をみたSさんは、

「え、皆さん一人暮らしの方が簡単なんですか!?すごーい!」

とこれまたびっくりしている。

その反応にまたまたびっくり。


 

私はこの話を聴きながら、

「やっぱり人によって何が得意で何が苦手とか

何が好きで何が嫌いかなんてそれまでの経験で全然違うんだよなぁ…」

と改めて実感。

 

 

一人暮らしとメキシコ単身旅行。

一般的には多くの人が「一人暮らし」の方が簡単だと思うかもしれない。

でも、Sさんにとっては、

一人暮らしよりも一度住んでいたことのあるメキシコに一人で行くほうが簡単なのです。

これって

Sさんが間違っているわけでもないし、

私たちが多数決で勝っているからといってSさんに

「あなたは間違っている!一人暮らしの方が簡単だ!」

とマジョリティの価値観を押しつけるなんてできるわけがない。

 

 

でも、よくよく考えてみると、

学校で社会で様々な場所で

私たちはそういう価値観を前提に生きているし、

そういう価値観で自分自身が創られていることにも無頓着。

だってあまりにも当然すぎて。

もしかしたら、無意識に誰かに押しつけてしまっていることもあるかもしれない。

 

「みんなが○○だと思うからこうに違いない」

「私の経験ではこっちが正解だから、みんなもこっちが正解に違いない」

「男性ならこう考えて当然」

「女性ならこうふるまうことが常識」

「大人なんだからこうあるべき」

「若くないんだから○○してはいけない」

数えだせばキリがない、沢山の「当たり前」と思ってしまっている「思い込み」。

 

 

当たり前を疑う。

養護教諭として働いている時から常に頭の片隅にあった私の信念ですが、

大学院に入ってますますその想いは強くなっています。

(正直、めんどくさい人間ですよねー苦笑)

 

 

 

 

あなたにとっての当たり前。

教科書に書かれている当たり前。

職業としての当たり前。

社会通念としての当たり前。

自分が「自分」に還る時には、

一度その「枠」自体と向き合うことも必要なのだと私は思っています。

 

 

 

文章に愛を込めたインスタグラムはこちらですルンルンこちらをクリック

 

 

YOUKYOUカフェ♡柏木むつき(ぱちこ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス