ちゃんと悔しがる。 | 「自分のままで"養護教諭"になる」柏木むつき/YOUKYOUカフェ主宰【関東/関西】

「自分のままで"養護教諭"になる」柏木むつき/YOUKYOUカフェ主宰【関東/関西】

一度きりの人生、本当に「自分」の人生を生きているのか…
考えたことはありますか?
「遠慮しない」未来を描き、
"自分"に還る方法、一緒に考えてみませんか♡


テーマ:

いつもご覧いただき、ありがとうございますラブラブ

 

ぱちこと柏木むつきです。

(初めましての方はこちらこちらをどうぞ)

(YOUKYOUカフェに込めた想いはこちらです)

 

 

悔しい気持ち。

誰もが一度は抱いたことがあると思います。

悔しいって思うことは、

決して悪いことではありません。

 

ちゃんと感じ切ると、あなたを大きく変えるパワーになります。

ちゃんと向き合うと、あなたを自分に還らせてくれる大きな原動力になります。

 

「何に」悔しいと思ったのか。

「どの部分に」悔しいと思ったのか。

「どうして」悔しいと思ったのか。

掘り下げていくと、見えてくるあなたの本当の想い。
 

目の前の出来事の表面だけを見るのではなく、

その奥にあるもの、

背景にあるものに目を向ける。

それが私の考える、ちゃんと悔しがるということ。

 

今日は二つの側面から、

私の考える悔しさの話をします。

 

 

まず一つ目。

 

私は絵の才能が壊滅的にないので苦笑

(中学生の時、模写をしていたはずなのに、

美術の先生に、「なんや、ピカソみたいな絵を描いて」

と言われるレベルです。)

絵の上手な人の「絵の才能」そのものに対して悔しがるということはありません。

 

でも、その人の絵をみて

沢山の人が「笑顔になっていること」は悔しい。

 

この場合の「悔しい気持ち」は

自分にもそうなれる可能性があるということに気づかせてくれます。

心の底で自分自身に対して自分に期待をしているからです。

まだまだ伸びしろがあると信じているからです。

 

私は誰かが笑顔になるような、

そんな場所を創りたいって望んでいるから。

そんな時間を過ごしたいって望んでいるから。

だから悔しいのです。

それができる人を見て、悔しいと思うのです。

 

 

 

次にもう一つの側面から、

「悔しがる」のお話をします。

 

私は黙々と同じ作業を続けることができません。

一つのことに集中することが苦手です。

でも、大学院生の中には

それこそ朝から晩までずっと本を読んで、論文を書いている人が沢山います。

私は最初、

自分がそのような生活を送れないことに腹を立て、

黙々と本を読む院生に対して悔しいと思っていました。

 

ある時、その中の一人に

「あなたのように研究に没頭できる才能がないことが、本当に悔しい」

と言いました。

すると彼はこう返しました。

「僕には研究しかないし、

研究が大好きなだけ。

それに、

同時に何かができるほど器用ではない。

僕は色々なことに興味を持って、

楽しみながら同時進行で

物事を進められる柏木さんが羨ましいです。」

 

その言葉にハッとさせられました。

私がただただないものねだりをしていただけ。

私自身の「良いところ」に気づかず、

「悪いところ」「足りない部分」に目を向けすぎて、

自分が既に持っている部分に気づけなかった。

自分を卑下する必要なんてなかった。

 

悔しがる前提自体を問い直す。

その「悔しい気持ち」が

自分の中にある欠乏感から来ている場合は、

まずは自分の中に在るものを見る良い機会なのかもしれません。

 

 

「悔しい」という気持ちは

誰かをさげずんだり、

誰かを見下したり、

誰かの不幸を願ったり、

誰かを蹴落とすために利用するのではなく。

自分のために必要な感情だと思います。

 

自分のためにちゃんと悔しがる。

自分自身の成長のためにちゃんと悔しがる。

 

 

{090BF62B-AFF2-436A-8FD0-A57991807B42}

(お気に入りすぎて、ずっと大事に閉まっていたお写真♡もう一年近く前かも💦)
 

 

 

文章に愛を込めたインスタグラムはこちらですルンルンこちらをクリック

YOUKYOUカフェ♡柏木むつき(ぱちこ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。